AJC

オペア留学の最新渡航情報!コロナ禍での各国状況

新型コロナウィルスの影響で、2020年以降のオペア留学を見合わせている方。躊躇されている方もいらっしゃると思います。
AJCではそんなコロナ禍でも、日本人オペアさんを徹底サポートし、渡航希望の方を何名も送り出してきました(※渡航先の状況による)。
このページでは、国ごとの渡航可否や条件など最新情報をまとめております。

渡航可否の最新情報(随時更新)

2022/03/29更新:フランスの渡航再開。詳細はこちら
2022/03/16更新:ニュージーランドの渡航再開。詳細はこちら
2021/12/06更新:アメリカの陰性証明は「72時間」から「1日」以内に受けたものへ変更。詳細はこちら
2021/12/02更新:イギリスはPCR検査の結果が陰性であれば隔離不要に。詳細はこちら
2021/12/01更新:カナダ渡航者はArrivaCanアプリ登録必要。詳細はこちら

最新情報はYouTubeでも公開しています

各国の渡航情報詳細

アメリカ

2021/12/06更新
12月6日以降、コロナウィルス陰性証明については これまでの米国への航空便が出発する72時間以内に受けたものから「1日以内」(24時間ではなく、1日という時間枠)に変更。

2021/10/25更新
11月8日以降の米国入国にはコロナワクチン完全接種の証明が必要に。このアメリカ政府の新方針に伴い、アメリカオペア参加条件には、コロナワクチン接種済み、接種中、接種予定のいづれかであることを意思表示していただきます。
ワクチン接種完了者は入国後の隔離義務はない。

2021/04/04更新
2021年3月31日でオペアも含む就労に関係するJ-1ビザの新規発行一時停止の大統領令が終了し、ルーティーンビザプロセスに戻る。
すべての新規オペアはこれによってJ-1ビザを通常プロセスで申請できるようになっている。

マッチング状況

ファミリーが多い。マッチングは順調。

オーストラリア

2021/11/25更新
12月1日より、コロナウィルスワクチン完全接種者であるワーキングホリデー取得者の入国が可能となります。

入国の条件

  • 有効なワーキングホリデービザ取得者
  • コロナワクチン完全接種済み
  • 出国3日以内に受けたにコロナウィルステストの陰性証明を提示

これによりワーキングホリデービザでのオペア渡航が可能となります。

日本からのオーストラリア訪問者の入国、およびワーキングホリデー申請が可能になるのは、早くても2021年夏以降ではないかという予想
2022年1月以降になるかもしれない。

マッチング状況

マッチングは可能。すでに決まった方も。

ニュージーランド

2022/03/16更新
3月14日より日本人のワーキングホリデー申請が可能になりました。
オペアも再開、渡航も可能です。

海外からのニュージーランド訪問や、ワーキングホリデー申請が可能になるのは2022年1月以降になるという予想

マッチング状況

アプリケーション作成しマッチ可能

アプリケーションを作成してマッチングに向けて準備することはできる。マッチングは一時停止している。

カナダ

2021/12/01更新
カナダ渡航者はArrivaCanアプリ登録必要
リンク:
https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/coronavirus-disease-covid-19/arrivecan.html

2021/09/09更新
海外からの訪問、学生ビザでの入国者は、入国後のコロナウィルス検査の陰性結果がでるまで政府指定ホテルでの待機。
その後の隔離期間を終了すれば許可される

  • ワクチン接種者:コロナテスト陰性 = 隔離免除
  • ワクチン未接種者:コロナテスト陰性 = 滞在先での隔離必要(指定ホテルではない)

ワーキングホリデー申請についてはまだ。
ただし、ビザが発行されるためには渡航前に仕事が決まっていることを報告できてから。
渡航前に滞在先と仕事が決まるオペアは現状はワーホリ申請には最適といえます。

ワーキングホリデー申請も可能。
ジョブオファーはなくとも、ワーキングホリデー申請に進む招待状がとどくことになりました。

マッチング状況

アプリケーションを作成してマッチングに向けて準備することはできる。マッチングは一時停止している。
アプリケーションを作成しマッチング可能。

イギリス

2021/12/02更新
11月30日以降、イギリスに入国する全員は入国2日目がおわるまでに検査を実施、陰性結果がでるまでは隔離。
コロナワクチン完全接種している人はレッドリストにない国からの渡航者は渡航前と渡航後2日目以内に再度のPCRテストで陰性であり、居場所追跡のフォームをいれている場合には入国後10日間の自主隔離は不要。
日本は現在はレッドリストではない。

10日間の自己隔離が必要
また隔離期間中の2日目と8日目の検査をする。
ビザの抽選は行われ発給されている。

マッチング状況

ビザがあればマッチングができる。

フランス

2022/03/29更新
オペアも再開、渡航も可能です。

Au Pairビザは発給停止されています
日本国民は入国が可能ですがPCR検査の陰性証明を持って入国。
7日間の隔離が必要。

マッチング状況

アプリケーション作成しマッチ可能

アプリケーションを作成してマッチングに向けて準備することはできる。マッチングは一時停止している。

オランダ

2021年7月よりオランダへのオペア渡航サポートをAJCがスタートしました。 オランダへの渡航も可能です。

マッチング状況

アプリケーション作成しマッチング可能

アイルランド

現在休止中

オペア留学を諦めないで!今やれることリスト

  • 英会話の力を磨く
  • チャイルドケアの経験を増やす
  • オペア渡航可能な国から経験する
    =アメリカで経験を積んで方は、他国でのオペアをする場合に大きなアピールとなります。

オペア留学ご相談ください

オペアジャパニーズコネクションは、オペア、語学、大学、高校、スポーツ、インターンなど、それぞれの留学の形を実現させるお手伝いをするアメリカ現地エージェントです。
パッケージ留学にはない、『あなただけの留学の形』をアドバイザーが一緒に考え、親身にサポートします。

アメリカやオーストラリアのオペア留学相談はお気軽にどうぞ♪

留学相談LINE@

お名前* 姓:
名:
メールアドレス*
お問い合わせ・ご相談内容

※個人情報の管理・取扱いについて
オペアジャパニーズコネクションでは、個人情報を厳重に管理いたします。ご記入いただく情報は、メールマガジン配信、その他弊社のからのお知らせ、ご案内のみに利用させていただきます。弊社以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。オペアジャパニーズコネクションは日本人の皆さんのオペア参加を応援する留学コンサルタントです。会社概要はこちら (https://aupairjapanese.com/?page_id=214)メールマガジンでは無料のお役立ちコンテンツや、サービスの告知をさせていただく場合がございます。

オペアイングリッシュアカデミー
ガトビー先生の個人レッスン