チャイルドケア研修先紹介

オペア参加に必要なチャイルドケア経験

チャイルドケア実績

オペア実現のためには事前の保育・教育指導経験が必用です。
資格がなくともオペア参加は可能ですが、チャイルドケアの経験を最低でも200時間以上積み上げる必要があります。

オペアジャパニーズコネクションではオペア実現に向けて努力する皆さんに、効果的に準備を進めるためのサポートをします。

オペアを希望されている方に事前にお子様のお世話ができる場所、施設をご紹介

オペア参加を前提にチャイルドケアの研修をしたいという方を歓迎する施設:
利点:オペアプログラムへの理解があり、推薦状を書いていただくことができます。

施設紹介:

NES International School

nes

東京都内に複数、横浜や新潟にも施設をもつ、モンテッソーリ&バイリンガル教育のプリスクール、アフタースクール。
英語を使い、チャイルドケアの研修ができるオペアを目指す方には絶好の場所といえます。
0歳から2歳までのアンダー2研修も可能。

nes
チャイルドケアの研修先をご希望で興味がある方は、まずはAJCにご連絡ください。
採用担当の方をご紹介します。

Lickid’s

https://www.lickids.jp/

民間の学童施設でのサポーター(保育スタッフ)募集
東京の数か所の施設での勤務

勤務期間
新年度スタート時の4月からの繁忙期
夏休みの繁忙期
その他
週2日以上勤務が可能であること (14時から20時の間の4~6時間勤務)
時給1015円
勤務地や仕事内容など詳しくはLickid’s担当者の方と直接問い合わせいただきます。
面接の上、採用についての案内があります。

2020年夏以降のオペア渡航を目指す方、それまでにチャイルドケアの時間や複数の経験をつけたいという方、ぜひご検討ください。
学童の経験は、小学生のお子様を持つホストファミリーには歓迎されます。学童期の子供たちの見守りや宿題チェックなどの経験はオペアに活かせることも多いでしょう。

チャイルドケアの研修先をご希望で興味がある方は、まずはAJCにご連絡ください。

オペア希望の方の事前経験先として受け入れてくださる企業・施設の皆様へ:

オペア留学を希望されている方の事前のチャイルドケア経験を積ませていただける施設の皆様、ぜひオペアジャパニーズコネクションにご連絡ください。
保育所、学童施設、キッズ英会話教室など、広く意味で子供と関われる場所であれば「チャイルドケア」の経験とできます。
お気軽にオペアジャパニーズコネクションまでお問い合わせください。

ご相談・お申込み

お名前* 姓:
名:
メールアドレス*
お問い合わせ・ご相談内容

※個人情報の管理・取扱いについて
オペアジャパニーズコネクションでは、個人情報を厳重に管理いたします。ご記入いただく情報は、メールマガジン配信、その他弊社のからのお知らせ、ご案内のみに利用させていただきます。弊社以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。オペアジャパニーズコネクションは日本人の皆さんのオペア参加を応援する留学コンサルタントです。会社概要はこちら (https://aupairjapanese.com/?page_id=214)メールマガジンでは無料のお役立ちコンテンツや、サービスの告知をさせていただく場合がございます。

セミナー動画大放出!
オペアイングリッシュアカデミー