Home > Tags > オペア

オペア

2018NYオペアオリエンテーションリポート

2018年から、ニューヨークでのオペアオリエンテーションの滞在場所が新しくなりました。1回目となる1月9日にアメリカオペア研修に参加したオペアジャパニーズコネクションのオペアさんが撮影してくれた写真とともに、新しい研修場所、ホテルのご紹介をします。

まず、ホテルはエリア的には同じマンハッタン・ミッドタウンにあるホームウッドスィート。ヒルトン系のホテルです。魅力はなんといってもキッチンがあること。新しいホテルなので部屋も広めです。

セルフサービスの朝食付きなので、自分の行きたい時間に階下におりて好きなものを食べられます。コーヒーなどの飲み物飲み放題も嬉しい。

部屋は3人での共有となります。
一つはソファベッドとなりますので、ここはアメリカ初日にルームメイトたちでソファベッドをみな1日は使用するようにとり決めるなど交渉力を発揮しましょう。

体験されたオペアさんによると、徒歩二分の場所にセブンイレブンがあるので便利。

研修初日はNYの徒歩観光ツアーにも参加できます。

3日間のオペア研修を楽しみにましょう!

アメリカらしくピザのディナーを観光ツアーで体験したようです。

研修の行われるNYから各ホストファミリー宅へと移動していきます。

ニューヨークで全員が必ず研修をしたあと、ホストファミリー宅への移動するインターエクスチェンジのプログラムはアメリカオペアプログラムを開始する前の大きなセレモニーとなるのではないでしょうか。世界からのオペアさんと顔を合わせ、いよいよこれからという気持ちを新たにするもの。またオペアプログラム運営にあたる会社の本社スタッフと顔を合わせる安心感もあります。

新しいニューヨーク滞在場所の最新情報はこれからもお送りしていきます。

オペア生活の注意点:SNSやブログ

オペアになるまでの過程や、オペア期間の楽しい出来事や経験を多くの人と共有したいという皆さんも多いと思います。目的は理解します。皆さんの書く記事を楽しみにして、また有益な情報になるとも言えますね。
弊社でも有益な情報があれば、リンクをご紹介したりもしています。

しかしながら、オンライン上に記事を書く、つぶやく、写真を載せるということは、もはやそれは公共の出版であるということを忘れずに。
ここを強調させてください。

友人申請をした人しか見ないから、限定記事にするから、とか言ってもです。
友達の友達だったら見られる設定になっていたり、見た友人から話が広がったり、もっといえば、「限定」もちょっとネットテクノロジーをわかっている方にかかれば、閲覧できる手段はどこかに必ずあるものだということを理解できるでしょう。

オンラインは公共の場所
どんなに、限定しても、だれかは見ている。

書くならば、「公共」であることを理解したうえで書く。

SNSは削除しても、それを復活させてしまう方法もあるのです。写真一枚、記事一つ、ポストする前にちゃんと考えて投稿しましょう。

自分についてのみの記事だったり、写真だったりならばまだそれでも、とるべき責任は自分です。

しかしながら、他の人がかかわる場合もありますね。

他の人が映っている写真は、プライバシーにかかわる問題です。掲載許可はとっていますか?
お子様の写真を載せる場合には、保護者の方に許可はとれていますか?

重要なことです。

たかだかSNSなんて思わないでください。SNSの写真や記事も検索をかけると出てくるものです。
未成年の写真掲載が、犯罪の引き金になってしまうこともあるかもしれません。

大げさな、と思いますか?
そういう事件は起きています。

子供の写真は公共には出さないという約束をしていたファミリーが、自分たちの知らぬところでオペアさんが写真をSNSで掲載していて、大きな問題になったということも聞きました。

たかだか1枚の写真が、オペアとしての生活はもちろんのこと、ホストファミリーの日常も狂わす大きなできごとに発展することもあるのです。

こういう話も、もしあなたが、SNSやブログなどに記事や写真を投稿するということについてのしっかりとした認識をもっていれば、起こりうるリスクを聞くまでもなく理解できているのでは、と思います。
オペアさんも、常識のある、社会人であれ。

ちなみに、これからオペア登録をはじめていくという皆さんも、今一度ご自身のSNSについて思い出してみてください。

ホストファミリーは、一番はじめに、SNS上にあなたのアカウントがあればどういうポストをしているか確認するというのは今や常識ですよ。

2017年スーパーオペアコンテスト応募受付中!

今現在、オペアとしてアメリカにいらっしゃるオペアの皆さん、2017年のスーパーオペアコンテストに申込みをしましょう!スーパーオペアに選ばれると、航空券代金として使える1000ドル分のバウチャーがプレゼントされますよ!

2017年12月31日まではインターエクスチェンジのオペアさんとしてアメリカにいらっしゃる方であればどなたでも応募できます。
自己申告制なので、遠慮せず、応募してみましょう。

スーパーオペアとしてこれまでどういう貢献をしてきたかということがわかるように、3分から7分程度で紹介したビデオも作成してみましょう。ホストキッズやファミリーや、コミュニティーの皆さんにご協力いただき、できるだけ楽しい動画にしあがるといいですね。

あなたの活躍で子供たちがどう変わったか?
ホストファミリーと、どういう関係が築けたか
コミュニティーの皆さんと何か行動したことはありますか?
なんてことを動画で紹介できるといいですね。
キッズや、ファミリーなどが登場してもらうのもいいでしょう。

応募締め切りは2017年10月15日、夜11:59分(23時59分)アメリカ東部時間

日本人のスーパーオペアさんが誕生することを、私も心から願っています。

Super Au Pair コンテストの詳細をよく読んで、応募しましょう!

アメリカオペアプログラムの教育義務について

アメリカのオペアプログラムは、J-1の交流ビザを利用して、アメリカ政府より認可されたオペア運営会社(エージェント)がプログラム運営をするので、国が規定するルールがいくつかあるのはご存知の通り。参加できる年齢もその一つ。さらに、期間中ホームステイ先のお子様のチャイルドケアのみならず、文化交流やアメリカを知ってもらういくつかのアクティビティーも消化する必要があります。それが教育義務=Education Requirementです。

アメリカオペアに興味がある方からもよく質問される内容ですので、今日はそのご質問に回答します。
オペアジャパニーズコネクションがパートナー提携しているインターエクスチェンジオペアUSAのブログにはこの教育義務についての詳しい説明があります。その内容に基づいて説明します。

オペアさんは、1年で6単位、あるいは60時間相当のアカデミックな授業を履修する必要がある。
Higher Education Institution大学レベルの学位を提供できる期間での授業履修が条件となるので、値段が安いという点でコミュニティーカレッジで授業履修をする方が多いようです。

またこの教育義務の規定時間や、認可されている学校での授業履修が、1年目を終了して2年目の延長を申請するためにも必要になりますので、計画的に授業履修をすることが求められます。
けれど、もし、スケジュールがあわずに、なかなか規定時間が消化できていない方。その場合、例えば、集中講座など1日あたりの授業時間が長く、短期で一定の時間を履修できるコースを提供している大学やカレッジもあったりしますのでそういう方法も探ってみましょう。

ローカル情報は、現地にいるローカルコーディネーターやホストファミリーの助けを借りることも重要です。
つねに回りの方と交流をもち正しい情報入手につとめましょう。

学校にいく、行ける時間や曜日はそれぞれのファミリーによって働く時間もまちまちなので、かならずこの日に、この時間にということはありません。人によっては週末に行く方もいれば、平日の子供たちが学校にいっている時間に行く方もいるわけです。自分のスケジュールを見ながら、行ける時間に、とれる科目を履修しましょう。

 

 

アメリカオペア2年目に進む方へ

アメリカオペアとしての生活をはじめて、気が付けば1年の任期もあと数か月で終了という方も多いのではないでしょうか?1年目の生活は環境になれるのに数か月、新しい国、新しい「家族」、言語の違う国で一生けん命オペアとして頑張っているうちに、きっと月日はあっという間に流れていきます。2年目もオペアとしてあと1年アメリカで生活してみようと思った方へ、慌てないようにいくつか重要事項をお話しします。

1:任期終了の4か月前ぐらいから延長についての意向を聞くアンケートがやってくる。
米国オペアプログラムは延長申請を、アメリカ移民局に再度行う必要があります。書類さえ申請すれば通常認可はおりますが、移民局とのやりとりになるので、時間が数週間かかることを見越しきっちり準備をしていきましょう。ローカルコーディネーターには延長の意向があれば早めに伝えておくとよいでしょう。また、延長を申請するためには、オペアとしての義務をきっちり完了していないといけません。

  • 毎月できる限りオペアミーティングに参加していること。
  • 教育義務で1年間に6単位か、60時間程度の授業履修をコミカレなど大学機関で履修し終わっていること。

2:同じファミリーで延長2年目か、新しいファミリーを求めての2年目か
同じファミリーと2年目に延長が作業的には一番早い。1番目の延長申請が完了すれば基本それで終了ということになります。もう一つの方法の新しいファミリーで2年目に行く場合には、はじめにやったように再度ホストファミリーとのマッチング活動を再開することになります。1年完了して2年目にいく場合には、早めに延長申請が認可されていれば、数か月などマッチング期間にあてられることも事実ではあります。延長申請に計画的にいくためには、特に学校の授業履修の規定を計画的に修了していることもポイントの一つです。2年目を他のホストファミリーで、という場合、皆さんの立場はIn Country Au Pairすでにアメリカ国内にいるオペアさんという扱いになります。ホストファミリーも、このすでにアメリカ国内にいるオペアさんとのマッチングを考慮している方が対象となります。またマッチングにおいては、インターエクスチェンジのの専属のコーディネーターがさらに介入してのプロセスになりますので、1年目のときよりも迅速にマッチング活動が終了できるような配慮はされています。

3:新しいファミリーとのマッチングのリスクも理解しておく
上記したように、2年目に向かってホストファミリーを変えたいという希望する場合には、一年勤め上げたことは評価されますので、その分コーディネーターが介入してマッチングのサポートをするのも事実ですが、あまりにもマッチングの条件が細かかったりすると、決まらないというリスクもあることは覚悟しましょう。ファミリーを変える理由、例えば、次回は違う年齢のお子様をお世話してみたい、とか、場所を変えてみたい、など理解しうる理由を伝え、ローカルコーディネーターや1年目のホストファミリーともよい関係を気づいたままで、2年目に動けるというのが理想です。2年目を新しいホストファミリーでと考えている方は特に、ローカルコーディネーターと良い関係を築き、サポートしていただけるようにしましょう。

重要なのは日々、ローカルコーディネーターと話し、オペアミーティングにも顔を出し、これからの延長手続きについての正しい知識をもっておくことです。情報は友人からではなく必ずLCに確認するという姿勢も忘れずに。
これからオペアをしたいと希望されている方も、1年目から2年目にいくうえでこういうプロセスを踏むのだという参考にしてください。

IAPA会員になりました!

オペアはヨーロッパ発祥のプログラムで今や全世界に様々な形で存在します。アメリカのオペアプログラムも一つの国にすぎません。世界各地でオペアプログラムに関わる人々が交流をし、学び、質を高めていこう組織がインターナショナルオペアアソシエーション、通称アイアッパ(IAPA)なのです。本部はドイツです。ちなみに毎年、世界のオペアの中からベストオペア賞ともいえる、Au Pair of the Yearを決定しているのもこのIAPAです。

AJCが日本人オペアさんを送り出しているインターエクスチェンジももちろんこのIAPAに加盟しており、IAPAメンバーへの申込みも応援してくださいました。アジアの国々もオペアを世界各地に送りだしており、このIAPAのメンバーとなっている企業も多いのですが、なぜか、日本人を送り出す企業がメンバーになっていませんでした。

日本人のアメリカオペア登録をサポートしてきた、オペアジャパニーズコネクションも2017年で5年が経過し、もっともっと成長していくためにずっと考えていたことがIAPAへ加盟でした。書類審査も通過し2017年ついに会員として認可されましたのでお知らせします!日本人を送り出す会社の中で、先陣を切ってIAPAの会員になれたことを嬉しく思います。

オペアジャパニーズコネクションのように、自国の若者をオペアとして送り出している世界の仲介会社や、世界のオペア運営会社とも今後ネットワークを広げていきたいと思っています。頑張ります!

IAPAのメンバー証

アメリカオペア生活:LCの役割

アメリカオペア生活でよく耳にする言葉がLCです。さてLC(エルシー)とは?それは、ローカルコーディネーターの略です。アメリカ政府が認定するオペアプログラムの最大ルールは、ホストファミリーやオペアさんが住むエリアには必ず近くでサポートをするLCの存在があること。つまりLCがいない場所ではサービスエリアとはなりません。各オペア運営会社(エージェント)によってサービスエリアが異なる場所があるのは、そのエリアにLCがいるか、いないかの差なのです。LCの役割は、オペアさんとファミリーへの情報提供、新規ホストファミリーの勧誘と、新規のファミリーの自宅チェックとカウンセリング、オペアさんやファミリーと定期的に連絡をとって、月に1回のオペアミーティングを開催したり、年に2回以上はファミリーイベントを企画したりします。

もし、ホストファミリーとの間に何かトラブルが起こったり、オペアさん自身に何かあった場合、一番先に駆けつけてくれるのもLC。緊急の宿泊先になることもLCの役割でもあります。現地のお助け役であるLCと仲良くし、何かあったら相談し、遠慮なく助けていただくことが非常に重要なのです。

1:疑問があったら早めにLCに相談

オペアの規則でわからないことがあったら、遠慮せずに相談しましょう。近くの学校はどこか?定期的に近況を報告することで、現状を正しく把握していただきましょう。どうやったらうまくホストファミリーと関係を構築していけるのか?長いホストファミリーであれば、LCはそのコツなのかも教えてくれるかもしれません。LCとうまく付き合うことがオペア生活成功の鍵でもあります。

2:気に入られるオペアさんになる

LCさんだって人間です。このオペアさんは良い子、という印象をもっていただけたら、きっと気にかけてもらえるはず。

3:正しい情報を入手するためには、LCにまず聞こう

アメリカ生活について、ホストファミリーとの生活について、何か疑問がわいたら、まずはLCに相談してみましょう。感情的にならず、まずは相談です。オペア仲間さんに話すと何がどうなってか話がいろいろ回り回って、おかしな状況になってホストファミリーの耳に入るなんていうこともあるもの。疑問点はその都度正しい情報を入手しつつ、当事者同士で解決を図り、理解しあっていく姿勢を持ち続けましょう。

 

ローカルコーディネーターが現地にいて、オペアさんやホストファミリーが安心して生活をしていけるようにお世話をしてくれるアメリカのオペアプログラムは、安心度が違います。であれば、きっちりそのシステムを利用してLCに何かあれば相談することをも覚えておきましょう。そうすることで英語の上達にもつながりますね。一石二鳥ですよ。

 

 

 

オペアジャパニーズコネクション(AJC)開始!

アメリカオペア留学を目指す日本人の皆さんの架け橋になるべく、ついにオペアジャパニーズコネクションを発足することができました。
アメリカで大手の政府認定オペアエージェントの一つである、インターエクスチェンジと提携をしているAJCなので、日本の皆さんに安心してオペア登録をしていただけると自負します。インターエクスチェンジは、アメリカオペアエージェントの中で数少ない非営利組織です。40年以上にわたって国際交流プログラムに関わってきた経験と実績を誇ります。
オペアジャパニーズコネクションを運営する代表の今入亜希子は、インターエクスチェンジオペアUSAのダラス地区ローカルコーディネーターとして、実際にオペアやホストファミリーのサポートにあたってきました。今後はオペアを希望する日本人の皆さんへの正しい情報提供と確実なオペア登録を目標に全力でサポートします。
「オペアに登録するには高額なお金がかかる。」そう思っていませんか? そんなことはないのです。ぜひともオペアジャパニーズコネクションにお問い合わせください。
さらに、東京にて7月1日に、アメリカオペア説明会を開催予定です。オペアについて、オペア応募資格、オペアになるまでのプロセスなど、アメリカオペアに関する疑問に代表の今入がお答えします。6月29日から7月1日までの間であれば、個人面接もお受けしますので、7月1日に参加できない方もまずはお問い合わせください。
興味がある方は以下のお問い合わせ画面から必要事項をご記入の上ご送信ください。

お申し込みはこちらから

Home > Tags > オペア

アメリカオペア留学無料相談受付中
フランスオペア
ニュージーランドオペア
オーストラリアオペア
Currently Available Japanese Au Pair
Meta

Return to page top