Home > Tags > 日本文化

日本文化

日本の名づけ事情:古風な名前の人気が再注目!

今回は、ちょっと気になった日本の「名づけ」の話題を。
それによると、ここしばらく人気であったカタカナを無理に感じに当てはめたような「キラキラネーム」の人気が終焉に向かいつつあるのだとか。

ライフネット生命が行った『新卒採用関係者の意識調査』によると、「キラキラネームは就職に有利」と答えた採用担当者が3.3%だったのに対し、「古風な名前のほうが有利」という回答は14.5%に上ったのだそう。
キラキラネームを持つ人の中では「改名したい」などと言うケースもあるそうです。

そして、その反動なのでしょうか、最近人気の名前は「子」や「男」がつく、いわゆる古風な名前で、これを「キラキラ」に対抗して「シワシワネーム」と呼ぶのだそうです。

辞書があっても読むことができないような名前よりも、誰もがすぐに正しく読める名前が、やはり一生使い続ける名前としては好まれるということなのでしょうか。
アメリカでも、ちょっと変わった名前や新しい感覚の名前を聞いたりしますが、「人気の名前ランキング」では、必ずMatthew 、Michael,、Emma 、Sarah、といったクラシックな名前が上位入りしていることからも、どの国でも伝統的な、あるいは古風な名前の人気は、いつの時代でも衰えることがないのだと言えるでしょう。

そして、もうひとつ、人気終焉というテーマで言えば「キャラ弁」の人気も落ち着きを見せ始めているのだそうです。
最近は、見た目でこどもを喜ばせるために、色とりどりのかわいいお弁当を作るではなく、こどもの健康を重視したヘルシーな献立を大事にする傾向が増え、昔ながらの和食を取り入れた古風なお弁当が再注目を集めているのだそう。
こうした傾向からは、一過性の流行よりも、こどもの将来を思って長期的な視点で行動する親御さんが増えている様子が伺えますね。

日本発!のホワイトデー

あれ?そういえば、と思い出したのがホワイトデー。

2/14のバレンタインデーはイタリアに起源があると言われていますが、3/14のホワイトデーは、なんと日本が発祥だったことを、オペアの皆さんはご存知だったでしょうか?

全国飴菓子業協同組合が、昭和55年(1980年)から、バレンタインのお返しとしてキャンディを送ろうと、提案したことがその始まりと言われていますが、他にも老舗のお菓子店がマシュマロやクッキーなどを発売し始め、ホワイトデーはどんどん定着していくことになったのだそうです。

「ホワイト」の由来には、この全国飴菓子業協同組合が「白」は「純潔でさわやかな愛にふさわしい」として選んだとか、あるいは白には「幸運を呼ぶ」「縁起が良い」などとい意味があったため、バレンタインデーの1ヵ月後に称して「ホワイトデー」となったとか、その説もいろいろあるようです。

ちなみに、ホワイトデーがあるのは日本以外では韓国、台湾と中国の一部だけ。
アメリカには当然ながら、そのようなお祝いの日はありません。よって私もすっかり忘れておりました。

オペアの皆さんで、バレンタインのお返しを期待していた人がいたら、がっくりですが、そういったことはありませんからあしからず。今ごろは、「お返しってないのだな」って身をもって感じと思います。ホストファミリーには「日本にはホワイトデーというのがあるんです」と教えてみてはどうでしょうか?

外国人が「素晴らしい!」と驚く日本語の魅力

普段私たちが何気なく使っている日本語ですが、外国人からみると非常に興味深い点が多々あるのだとか。日本語教育歴30年になる十文字学園女子大学の平野映子さんによる取材記事から抜粋してご紹介しましょう。

(1)相手との絶妙な距離感

まず日本語を学ぶ多くの外国人が驚くのが、敬語や丁寧語、謙譲語、タメ語といった相手による言葉の使い分けの複雑さ。さらに女性と男性でも使う言葉に違いがあり、書き言葉と話し言葉でも違いがある。
こうした使い分けは、日本語学習上級者にならなければうまくこなせないという難しさがあり、シンプルな英語などの言語とは大きく異なる点。

日本では、礼儀正しさや思いやり、尊敬といった気持ちを言葉に込めたり、相手によって微妙なニュアンスを表現することが重要なので、その文化が、日本語によく現れているとうことです。

(2)自然や季節感が生きた言葉

日本語には自然や季節に関する語彙が多い。例えば、雨なら”小雨”、”時雨”、”夕立”、”春雨”など語彙が豊富なこと。しかも雨の降り方ばかりでなく、まわりの情景まで連想させるもので、とても情緒的でもある。
例えば”入道雲”といえば夏、”鶯”といえば春の季語というように、和歌や俳句には季語があり、手紙は必ず時候の挨拶から始まる。色にも、”山吹色”、”紅色”というように植物の名前がついている。

外国人にとっては、日常の中で季節感を大切にする心が日本語の文化的背景になっている点が非常に感銘深いのだそう。

(3)日本語独特の言葉

外国語であまりみられない特徴として、例えば、「ニヤニヤ」「ゲラゲラ」「シャキーン」などの擬音語や擬態語が多いこと。オノマトペと言われるこれらの言葉は、日常会話や文章中に頻繁に登場するので、外国人にも覚えやすい。

なかなか興味深い事柄ですね。オペアの皆さんも、こうした日本語の特徴を知った上で、日本語の素晴らしいところを子供達に伝えてあげられるといいのではないでしょうか。

Home > Tags > 日本文化

アメリカオペア留学無料相談受付中
フランスオペア
ニュージーランドオペア
オーストラリアオペア
Currently Available Japanese Au Pair
Meta

Return to page top