Home > Tags > エージェント

エージェント

セビリアでの世界オペア会議に出席しました!

2018年3月中旬から3日間、スペインのリゾート地セビリアで国際オペアアソシエーションが共催する恒例セミナーにでてきました。
世界のオペア仲介をするエージェントと話しをすることができた、充実した、あっという間の3日間でした。

この会議を通して気づかされたこと。

1:オペアはグローバル
ヨーロッパやオセアニア、ノースアメリカなどオペアプログラムは世界中にあります。日本人であるあなたもオペアを通してさまざまな国を訪れ、長期滞在をすることができます。しかもどこの国でもポケットマネーをいただけるのが常識であるのがオペアなのです。

2:英語ができれば非英語圏でもオペアができる。
英語が公用語ではない国でオペアをするためにはその国の公用語を話せないといけないと思っていませんか?
実はそうではない。英語がカギです。英語さえ話せれば、例えばスペイン、フランス、イタリア、ドイツなどでもオペア体験が可能となります。その代わり、ちゃんと伝わる英語を話せることが条件とはなります。例えばアメリカなど英語圏で1年から2年オペアを経験した方が、次のオペア体験先としてこういう国を選ぶというのもいいですね。今回の会議では多くのエージェントから日本人の方をオペアとして迎え入れたいという話を聞きました。
英語を話せる日本人オペアの需要は多くの国であるのです。

3:中国でのオペア需要
中国では今、オペアさんがむしろ家庭教師的な役割を担い、子供達に英語を教えながらホストファミリー宅で生活するということがアピールされています。小さいときから子供に英語に触れさせてその後に海外に送り出すためのファーストステップにしようという気持ちがインカムレベルの高い中国人ファミリーにはあるとのこと。オペアさんの役割はチャイルドケアというよりも家庭教師、チューターであるというのが中国の特徴です。中国文化に興味があり、英語、中国語が話せる日本人も場合によってはチャンスがあるかもしれません。

今回の会議では発見が多い素晴らしい機会でした。
オペアジャパニーズコネクションは今後も日本人の皆さんをオペアを通して世界に送り出す役割を担っていければと思います。

日本人オペアさん世界へはばたこう!

インターエクスチェンジオペアUSA会議終了!

毎年の恒例行事、インターエクスチェンジオペアUSAの定例会議が今年はテネシー州のナッシュビルで開催され、あっという間の3日間を過ごしました。
期間中は、アメリカのJ-1交流プログラムの現状や、2017年オペアの更新情報、2018年に向けての目標、そして、この時しかあえない全米中のローカルコーディネーターたちや、ニューヨーク本社スタッフとの交流もできました。

2017年インターエクスチェンジの日本人オペアの更新情報

  1. インターエクスチェンジ内で、オペアの国籍比率:2017年の渡米者のうち、日本人割合は昨年の8位から順位をあげて5位にアップ
  2. アメリカ全体での日本人オペアさんの割合も、インターエクスチェンジが送り出す日本人オペアが20%以上

という大きな成果をあげることができました。

来年もさらに日本人オペアさんの数を増やし、何よりも、1年、2年と無事にプログラムを終了させることができるオペアさんを送りだすことを目標に頑張ります。

 

2018年インターエクスチェンジの更新情報

  1. 2018年1月から、オペアさんのニューヨークオリエンテーションの会場がこれまでのニューヨーカーホテルから、Homewood Suites By Hilton New York/Midtown Manhattan に変更となります。
  2. 救命処置を学ぶCPRトレーニングは引き続き行いますが、証明書を発行する機関が変更となります。

大きな変更点はホテルが変わること。

詳しくはまたお伝えします。

 

ナッシュビルではニューヨークのスタッフや全米からのローカルコーディネーター、さらには世界でオペアさんを勧誘するインターナショナルコーポレーターとの交流もあり、充実した3日間となりました。

なによりアメリカに渡ったオペアさんの近況をローカルコーディネーターを通して聞けたことも大きな収穫です。

J-1交流プログラムは、アメリカにとってなくてはならない、必用なプログラムであることを実感しました。

また来年、今度はワシントンDCで、2018年の報告を受けることを楽しみにしています。

 

 

英語ネイティブのファミリーとのインタビュー

オペアの夢を実現させるために、今ホストファミリーとのマッチング活動でインタビューを繰り返している方。でもなぜか思うような結果が得られないという方に、アドバイスをさせていただきます。

ホストファミリーは英語オンリーのファミリーが良いということで、マッチング活動を進められている方:
ホストファミリーのマインドは、もちろん、アメリカ文化、西欧文化のマインドであるということを頭にいれてください。それはどういうことか?

1:自分の意見をはっきり言えること。
自分の意見をはっきり言うことが、「わがまま」「自己主張が強い」ということではありません。自分の意見をいうということは、「私はこう思います」ということがきっちりいえること。丁寧な言い方なのに、自分の思いや考えがしっかり伝わること。難しいことなのですが、これをしっかりできないと逆に、「何を考えているかわからない」という風に思われてしまうのです。

2:自己アピールができること。
自己アピールと自慢は違います。自慢ではなく、わたしはあなたのファミリーにこれだけのことができます。どうです?私をオペアにほしくないですか?
相手方に、「もう一回話してみたい」「オファーを出したい」と思われるためには、あなたでないといけない理由をホストファミリーに持っていただかないといけないのです。欧米のファミリーにとってここをしっかりいえるかどうかは大きなカギになるでしょう。日本人だったら、くみ取ってくれるところを、自分で伝えるよう心がけないといけません。

英語オンリーのファミリーにオペアとして迎えられたい場合には、ファミリーが見てくる視点は、日本語が話せることではなくなります。そうなると、オペアとして選ばれるためには他の国々の押しの強いオペアさんたちと肩を並べて競い合わないといけないのです。

あなたの強みはなんですか?

あなたが子供たちにできることはなんですか?

ファミリーの一員として、どのようなオペアさんでありたいですか?

一方で、日本人らしい気遣いで、

会話の中ででてきた気になることを質問してますか?

子供のアレルギーや医療上注意することを、毎回聞いて、しかもメモをとっていますか?

面接後には、必ずフォローアップのお礼メールや、スカイプメッセージを送っていますか?

他の国からのオペアさんとも渡り合えるアピール力と、日本人らしい細やかな気遣いがもてたら、きっとホストファミリーは「お、またお話してみたいな」と思うはずです。

そういうインタビューの展開になるように頑張りましょう。

もちろん、こういう展開になるためには、日々の英語力、英会話力の維持が非常に大切です。模擬面接、ビデオ電話を想定した笑顔で話す練習も効果的ですね。

インターエクスチェンジより表彰を受けました!

2016年11月に行われた、インターエクスチェンジオペアUSAの定例カンファレンスにて、オペアジャパニーズコネクション(会社名:AJ Selmon International, LLC)が交流プログラムの発展に尽くしたとして表彰を受けました。
Dedication to Cultural Exchange Awardを授与され光栄です。
2012年からアメリカオペア運営会社、インターエクスチェンジ社と日本人のオペア登録サポートをする提携を結び、今にいたりますが、第一期生のオペアさんを2012年に送り出してから4年でこの表彰を受けることができました。

日本ではまだオペアプログラムに対しての認知が少ない状態でスタートしましたが、最近では口コミでアメリカのオペアプログラムを知り、AJCに質問を下さる場合や、卒業生の紹介でAJCにお問い合わせくださる方も出てきました。心から嬉しく思います。

この4年で、オペア全体における日本人の割合も向上し、アメリカの日本人オペア全体に占める人数の向上にも貢献しています。おかげ様でインターエクスチェンジが抱える日本人の割合も格段に増え、日本人オペアさんがいるからインターエクスチェンジを選ぶホストファミリーもでてきました。

今回のインターエクスチェンジからの表彰で、オペアジャパニーズコネクションの細やかなで、全力投球のサポートを認めていただいたと感じています。
アメリカオペアプログラムの日本人の数を増やしていくことのみならず、質の高い、素晴らしい日本人オペアを送り出していくべく、今後も一層努力していきたいとスタッフ一同気持ちを新にしました。

オペアプログラムにおけるエージェントの概念

オペアを志す皆さんのコミュニティーサイトを見ると、「エージェントは高額」「エージェントに依頼するのは無駄」というような意見を見かけます。

そのたびに心が痛む私です。

アメリカオペアプログラムについて言えば、「エージェント」という言葉とその本当の意味が正しく理解されていないと思うのです。今日はオペアにおけるエージェントの役割についてご説明します。

オペアエージェント

アメリカのオペアプログラムにおけるエージェントとは、アメリカ政府が認可した正規にオペアプログラムを運営できるアメリカの組織を指します。インターエクスチェンジをはじめ14の非営利、営利団体が正規にオペアプログラムを運営できる組織として認定されています。

つまり、アメリカのオペアプログラムを正規に参加しようと思えば、このエージェントを必ず利用しないといけないことになります。

一般的に「エージェント」と呼ばれている、日本のオペア登録サポートをする会社や組織は、厳密に言えばエージェントという呼びかたではなく、登録サポート会社ということになります。ちなみに、インターエクスチェンジは、オペア登録を助けるこのような人々を、インターナショナル・コーポレーター(IC)と呼んでおります。当社、オペアジャパニーズコネクションもICの一つとして、オペアを目指す日本人のサポートをする提携を取っています。

日本人オペアの登録サポートをするICは、その手続きサポート料金として、その会社ごとに手数料を請求しています。この手数料は会社によって自由に設定できるので、どこの会社・組織に依頼するかによって手続き料金は異なることになります。

ちなみに、オペアエージェントは、オペアには参加料金を請求することはありません。オペアの運営費は、オペアではなく、ホストファミリーが収めるオペアプログラム参加料金によって賄われているのです。オペアエージェントはオペアに対しては以下の料金を支払います:

オペアエージェントがオペアに対して支払うもの

  • アメリカへの渡航費(片道航空券)
  • インターエクスチェンジの場合には、ニューヨーク市内で行わる研修費と滞在費
  • 滞在中の医療保険
  • オペア任期を終了して帰国する場合には、帰りの航空券

さらに、オペアとしてアメリカに滞在中は、ホストファミリーから以下の義務が行われていることをオペアエージェントは確認します

アメリカ政府より、オペアエージェントが確認しなければいけないと規定されていること

  • ホストファミリーより週給が毎週支払われていること
  • ホストファミリーから授業履修にかかった費用が上限500㌦までサポートされていること
  • オペアが年に10日程度とれるバケーション申請を、ホストファミリーが受け入れていること
  • オペアが1週間に継続した1日半以上のお休みをとれていること
  • オペアが規定時間以上働いていないこと

むしろアメリカでオペアプログラムに参加するのであれば、エージェントを経由して申し込む正規オペアを通すことが以下に重要かということがご理解いただけると思います。

アメリカのオペアエージェントの仲介役となる、インターナショナルコーポレーター(IC)を賢く選び、安全で充実したオペア生活を送ってくださるのが、オペアジャパニーズコネクションの心からの願いです。

オペアプログラムについて、エージェントやインターナショナルコーポレーターの役割についてご質問がありましたら、どんな小さなことでも遠慮なくお問い合わせください。また2013年1月27日に開催するオペア説明会にもぜひともご参加ください。もちろん無料です。

詳細はオペア説明会のページをご覧ください。

 

Home > Tags > エージェント

アメリカオペア留学無料相談受付中
フランスオペア
ニュージーランドオペア
オーストラリアオペア
Currently Available Japanese Au Pair
Meta

Return to page top