Home > オペアの英会話 > オペアの英会話:どんどん褒めましょう!

オペアの英会話:どんどん褒めましょう!

アメリカ人と会話をしていると、彼らが非常に褒め上手であることにすぐ気づくでしょう。

「そのセーター素敵ね」

「あなたの髪型はとっても似合っているわね」

とか、

「そのイヤリング、どこで買ったの?私も欲しいわ」

「このディップ、すっごくおいしいわ。今度レシピを教えてくれない?」

などなど。

これが日本社会であれば、こういう場合には

「いえいえ、そんなことありませんよ~」といった風に「謙遜」するのが美徳とされていますが、アメリカ生活ではこれは一切忘れてください。

なぜなら、万が一そんな風に対応しようものなら、眉をしかめられて「変な人だわ・・・」と思われても仕方がないからです。

どんなことでも褒められた時には、素直に「どうもありがとう!」と喜んで応対するのがアメリカ式、そしてこれはスムーズな人間関係のキーにも関わります。

ですから、オペアのあなたも、誰かと会話する際には、相手の何かをちょっと褒めるようにしてみてください。

例えば、先のセーターの例で言えば

「どうもありがとう。でも、私はあなたのそのセーターもとても好きだわ。色がすごく鮮やかでいいわね」といった感じでいいと思います。

ホストファミリーとのディナーの時であれば、「このチキン料理はとてもおいしいわ。今度作り方を教えてね」とか。

もちろん、子供たちのこともドンドン褒めてあげてください。

「この絵、上手にかけてるね」

「ランチ残さず食べてすごいね」

 

それから、子供と言えば、アメリカの親はみな自分の子供の自慢を「普通」にします。

「うちの子は、本当にスポーツが得意なんです」

「学校の成績でオールAでしたよ」

日本でのように、本当は勉強がとてもよくできるのに、謙遜して「うちの子は、まだまだ努力が足りなくて・・・」みたいなことは、アメリカの親は決して言いません。

もちろん、他の人から自分の子を褒められた時も、「いやいや、お宅のお子さんこそ・・・」みたいな返しもありません。

自慢話を聞かされた方もごく普通に「あら、それは素晴らしいことだわね」と、また褒めて返すのです。

褒められて嫌な思いをする人はまずいないでしょうから、どんどん褒めて、褒められて、たくさんいい人間関係を築いていってください。

Home > オペアの英会話 > オペアの英会話:どんどん褒めましょう!

アメリカオペア留学無料相談受付中
フランスオペア
ニュージーランドオペア
オーストラリアオペア
Currently Available Japanese Au Pair
Meta

Return to page top