AJC

2024年イギリスYMSビザ年間6000人募集へ、4倍に増加!

イギリスに2年まで働きながら滞在できる、ユースモビリティービザ(YMSビザ)はイギリスと交流がある国との間の取り決めでビザ発行すうが決められ、30歳までの若者が利用できるとても魅力的なビザです。これまでは、募集人数が年間1500と少なく、抽選応募をしてもなかなか当たらない状況でした。

ところが

YMSビザ2024年の日本人の募集人数はこれまでの1500から、一気に4倍、6000に増えます!
11月7日上川陽子外務大臣は、ジェームス・クレバリー英外務・英連邦・開発相と日英の人的交流の覚書を交わし、これにより、日本のワーキング・ホリデー制度を利用することができる英国人の人数を1,000人から6,000人に、英国のユース・モビリティ・スキームを利用できる日本人の人数を、1,500人から6,000人に増加させることを確認しました。

例年同様に、募集は1月と7月に実施されると予想しますが、具体的な日にちはまだリリースされていません。
募集人数が4倍に増えたことで、当選もしやすくなるのではないかと期待します。

まもなく発表されるはずの、1月の抽選申込の案内をお見逃しなく!
オペアジャパニーズコネクションも情報が入り次第お知らせします。

それまでの間、あなたがYMSビザの応募資格があるかご確認ください。

応募資格

  • ビザ申請時の年齢が18歳~30歳であること。
  • 日本国籍を有していること。
  • 初めてイギリス・ワーホリビザを取得して渡英する人。
  • 子供を同伴しないこと。
  • 2,530ポンド以上の資金を証明できること。(28日間以上口座に入っている必要あり)

1月の抽選申し込みをした後は例年ですと、1月末か2月初めに当選者に連絡がメールで来ます。

YMSビザ抽選に当選したら、そこからいよいよビザ申請のプロセスです。

オペアジャパニーズコネクションにイギリスオペア登録のサポートをご依頼いただくと、AJCスタッフがビザ申請のステップも一緒にアドバイスしますので安心です。
やることも少し複雑、いつまでに料金を支払うかは、渡航日がいつ移行になるかと密接に関係しますので、慎重に作業をしていく必要があります。

イギリスでオペア体験に興味がある方はまずこちらのページをご覧ください。質問が沸いたら、お気軽にオペアジャパニーズコネクションにご相談ください。

アメリカバウチャープレゼント"
オペア無料相談
オペアイングリッシュアカデミー