Home > オペアの英会話

オペアの英会話

オペアの英語:敬称について

オペアの皆さんもすでにご承知の通り、アメリカ社会での人間関係間では、通常、お互いをファーストネームで呼び合います。

つまり、ホストファザー、ホストマザーに対しても「ジョン」あるいは「ケイト」などと呼んで問題はありません。

では、どんな人間関係においてもこの様に呼び合っていいのか?というと、それがそうとは行かず、敬称をつけて呼んだ方が好ましい人たちもたくさんいます。

以下、参考例をいくつか挙げておきますので、覚えておいてください。ちなみに、これらの敬称は、「ドクタースミス」などの様に、「名前の前」につけて使います。

医者:ドクター(Dr.)

大学の先生:ドクター(Ph.D取得者)、プロフェッサー

小中高の学校の先生:ミセス(Mrs. 既婚者)、ミス(Miss. 未婚者)

 

名前を知らない人の場合でしたら、サー(Sir、男性)、マム(Ma’am、女性)を使うと丁寧な感じになります。(「Excuse me, Sir」:ちょっとすみません)

また、警官、おまわりさんなどと会話する時には、サー(Sir、男性)、マム(Ma’am、女性)をつけて話すようにしましょう。(「Yes, Sir」:わかりました)

それから敬称ではありませんが、小さい子に話しかける場面でよく使われる言葉に「Honey」や「Sweetie」というのがあります。親が子供に話しかける時や先生が生徒に話しかける時など、「What’s wrong, Honey?」などと使うのが一般的です。

それから、アメリカ社会では「相手の名前をちゃんと覚えていること」というのが、人間関係においては重視されています。ですから、顔見知りの人と挨拶を交わす際には、「How are you, Kate?」などのように、きちんと名前を入れて挨拶するようにしてください。これだけでぐっと好印象に受け止められます。

 

オペア生活:丁寧語について

オペアとしてアメリカにやってきて、英語はある程度話せると思っていても、その表現方法は日々勉強と感じているかもしれません。

英語には、基本的には「敬語」にあたるようなものは存在しないのですが、だからといって、目上の人にも、同年代の友達と接するように話していいか?というと、それは事と次第によるといっていいでしょう。

いわゆる「スラング」と呼ばれる俗語は、いくら流行っているからといっても、外国人である私たちにはその感覚がわかりにくいので、誤解されないように使うのは難しいと思いますし、テレビで報道される時に「ピー」と消される放送禁止用語ではない言葉の中でも、日常的にはあまり歓迎されない単語、言い回しというのもたくさんあります。

日常的に小さいお子さんと接するオペアの皆さんは、特に「子供に対しての影響」を考えて、正しく丁寧な言葉使いをすることが大切だと思います。

基本的には、日本の学校で習った英語を使っていれば問題ないと思います。そして、生活しているうちに身についてくる現地での日常会話を応用していけばいいのです。

以下、日常使いできる代表的な「丁寧語」の例を挙げておきますので、参考にしてください。簡単な覚え方のひとつとして、「can」よりも「could」、「do」よりも「would」と覚えておくといいでしょう。

Could you do me a favor?

お願いしてもいいですか?

Could you come here?

ちょっとこちらに来てもらえますか?

Would you mind if I eat this?

これを食べてもかまいませんか?

What would you like to do?

なにをしたいですか?

What would you like to eat(drink)?

なにを食べたい(飲みたい)ですか?

 

どんな人を相手に会話するのでも、カジュアルすぎるよりは、丁寧すぎる方が好感を持たれると思います。英語でも日本語でもTPOはとても大切であることを忘れないでください。

Shouldの使い方

今回もオペア生活で役立つ英語の使い方をご紹介します。

日本語で「~すべき」と訳される「Should」という単語ですが、これも使い方には注意が必要です。なぜならば、基本的な意味としては「~すべき」で間違ってはいないのですが、これには「命令調」の意味合いがあり、大変強く「相手に強要する」くらいな意味に取られかねない単語だからです。

例えば、母親が子供に「おもちゃを片付けなさい」などと告げるときには問題ないとしても、友達同士の会話の中で「こういう時にはどうしたらいいかしら?」といったような相談があった場合「You should ~~~」と返答したとしたら?相手によっては、寛容に受け止めてくれる場合と、そうでない場合と分かれることが想像されます。

特に、オペアの皆さんは、目上のホストファミリーの方との会話が多いでしょうから、注意に越したことはないと思います。

 

では、どんな言い方にすればいいのでしょう。

「どうしたらいいかしら?」

「~~したらいいんじゃない?」といった感じの会話では、

「You might wanna ~~~」(You might want to ~~~)」とか、「Why don’t you ~~~~?」といった、「命令じゃなくて、提案をする表現」が適切かと思います。

「You might wanna ~~~」は日本語に直訳するとしたら、「あなたはもしかしたら~~~をしたいかも知れないわね」といったような、ちょっと変な言い回しですが、この「遠まわし」のアプローチが、直接的な命令口調を避け、意見を提案した、アドバイスを述べた、という感じに聞こえるのです。

「Why don’t you ~~~~?」も、「~~したらどう?」といった様な感じで、こちらも日常的に頻繁に使われる表現ですから、生活しているうちに自然と使い方が身についてくると思います。

 

個人的な意見になりますが、英会話学習は、日本語をいちいち翻訳して考えるより、英語での言い回し、使い方を、感覚で学ぶことの方が早く身につくような気がします。
つまり極端なことを言えば、それが日本語ではどういう意味になるのか?が判らなくても、英会話の中で「ああいう場面ではこういう言い回しをするのか」と学習していくことの方が、結果的には近道だということが多いように思います。頭で覚えるより、体で覚える、そんな感じでがんばってください。

WantとWould like toの違いについて

オペアとしてホストファミリーとの生活もだいぶ慣れてきて、コミュニケーションはうまくとれていると自分では思っていても、ちょっとホストファミリーの様子がおかしい、と言う方はいませんか?

人から聞いた話ですが、外国からの留学生を受け入れたホストファミリーが、コーディネータの方に「うちの学生は、『これがやりたい』『あれが食べたい』って、自分の欲求ばかりを強調するんです」と打ち明けたのだそうです。

そこで、詳細を聞いてみたところわかったのは、英語の使い方によるちょっとした誤解だった様子。

学生は「~がしたい」「~が食べたい」は全て「I want to ~」で構わないと理解していたのですが、この言い方ですと、実は英語圏の方には我々が思っているのとは少し違った感じで聞こえることがあります。

なぜかと言いますと、wantと言う言葉は、「願望の主張」という意味では非常に強い言い方になり、時には相手の意思を無視して自分の意思を押し通す、ほどの強さで受け止められることがあるからです。良く子供が自己主張で” I want to~!” と言いますが、これを大人がやると、どうなるか。それを考えてみるとわかり易いでしょう。

では、どう表現すればいいのか?

こういう場合は「I would like to ~」を使いましょう。こうすることで、「私はこうしたいと思っているけれど、あなたの意思も尊重しますよ」といった意味合いが生まれます。つまり、wantよりも謙遜した感じ、相手を思いやった感じ、丁寧な感じ、が含まれてきますから、自分が「こうしたい」という意思を伝える場面では最適な表現と言えるでしょう。

日本で学習した英語が決して間違っている訳ではないのですが、実生活の上ではそのニュアンスが微妙に違うということは多々あります。「英語は物事をダイレクトに表現する言語」と思われている方も多いと思います。しかしながら、実際は「自分の意見を自己主張に聞こえないように、相手の意見も尊重しながらアピールする」というのが正しいと思います。社会にでればその傾向は強まります。

この感覚の差を理解するには、ネイティブが話す英語を参考にして「ああいう時には、こんな風に言うのか」と生きた英語を習得していくのがベストだと思いますので、月並みですが、テレビ番組や映画をたくさん見るのも一つの手です。

オペア生活の英語:タイムアウト

今回は、オペアの皆さんがきっと耳にするであろう子供のしつけ法がテーマです。日本ではあまり聞きなれない言葉かと思いますが、「タイムアウト(Time Out)」と言うのが、アメリカの家庭でよく使われるしつけの1つです。簡単に言ってしまうと、「子供をその場から離し、落ち着かせる手法」で、これは「罰」を与えるというのとは全く違うものです。

具体的にどういう場合に使うかと言うと、例えば兄弟(姉妹)喧嘩や友達間での喧嘩、親の言いつけを聞かなかった時、ルールを守らなかった時などで、それ以前に何度も注意を促しているのに、子供が言うことを聞かなかった時に、「じゃぁ、タイムアウトにしましょうね」という風に進めます。

家の中では、基本的に「タイムアウトの場所」が決まっています。この場所は、特に孤立した場所でなくてもよく、安全面を考えて、親の目が届く、危険な環境でないところにします。例えて言うなら、リビングルームの片隅とか、廊下の隅といったような場所が選ばれます。そこへ、「年齢を目安にした時間」、つまり、2歳なら2分、3歳なら3分、5歳なら5分位を目安とした時間、(通常は壁の方へ顔を向けて)立たせるのが「タイムアウト」です。

タイムアウトを使う時は、大人は落ち着いた態度で子供にタイムアウトをすることと、その理由を伝えます。そして子供をタイムアウトの場所へ連れていきます。子供が泣いたり、反抗したりするかも知れませんが、それでも大人は落ち着いてタイムアウトの場所へ連れて行くことが大切です。もしも、その場所から離れて動いてきてしまっても、再度、またその場所へ戻してください。そして、時間が経つのを待ちます。その間、子供と会話はしません。

屋外にいる場合でも、タイムアウトは有効です。お友達の輪から少し離れたところに連れてゆき、そこで「タイムアウト」を行います。

タイムアウトが終わった後は、また遊びに戻ってかまいません。が、そこで再び同じことが起きた場合には、再度「タイムアウト」を告げ、これを繰り返します。

つまり、タイムアウトの目的には、静かに立っている間に、子供が自分自身で「何が間違っていたか」を考えることにある訳です。

大人にしてみると根気が要りますが、同時に、感情的にかっとなってしまうことを防げるというメリットもあるためか、アメリカではとても一般的なしつけ法です。

オペアとしてホームステイ先の子供のお世話をする際に、タイムアウトについてのお話しがあるかもしれません。保護者ではないオペアがタイムアウトを使う場合には、事前に必ず保護者からの指示をうけてからにしましょう。

その家庭がどのようにタイムアウトを使っているのか。どのような場面なら使うべきなのか、逆にどのような場面なら使う必要はないのか、など、必ずきっちりと話し合いをもつようにしてください。

 

オペア生活:通用しない和製英語

和製英語という言葉があるように、日本文化の中にはたくさんの英単語が定着していますが、残念ながら実際には、それらの多くは現地で通用しないことがほとんどです。オペアとして生活される皆さんにとっては、日常的に現地で使われている英単語の正しい知識を得ておくことはとても有用なことですので、ぜひ以下のリストを参考にしてください。

日常に関すること

グローサリーストア(Grocery store):スーパーマーケット

ガラージ(Garage):家の駐車場
パーキングロット(Parking lot):お店などの駐車場
ギャス (Gas):ガソリン

ギャスステーション (Gas Station):ガソリンスタンド

セルフォン(Cell phone):携帯電話

ストーブ(Stove):コンロのことを指す。通常は、大型オーブンと一体になっている

エーシー(AC):エアコン(クーラーとは言わない)
フリッジ(Refrigerator= Fridge):冷蔵庫

バキュームクリーナー (Vacuum cleaner):掃除機
ディッシュウォッシャー(Dishwasher):食器洗い機
ウォッシングーマシーン(Washing machine):洗濯機
ドライヤー(Dryer):衣類乾燥機

アイアン(Iron):アイロン

ファン(Fan):扇風機

ティービー(TV):テレビ

ディーヴィーディー (DVD):DVDプレイヤー

デタージェント(Detergent):食器、または洗濯洗剤

カウチ(Couch):ソファ

ドレープリー(Drapery):カーテン

パース(Purse):女性が持つカバン、ハンドバッグのこと。英語で「ハンドバッグ」というと、もう少しフォーマルなものを指す。

ヘアサロン(Hair salon):美容院

OBGYN (Obstetrics and Gynecology):産婦人科

マキシパッド(Maxi pad):生理用ナプキン

ピリオド(Period):生理

子供に関すること

クリネックス(Kleenex):ティッシュペーパー (注:アメリカで「ティシューペーパー」と呼ばれる紙は、ぺらぺらの薄紙で主にラッピング等に使われるもので、日本でいう「ティッシュ」とは全くの別物になる)
バンデージ(Bandage):絆創膏
ダイパー(Diaper):オムツ

ワイプ(Wipes):濡れティッシュ

ビブ(Bib):よだれかけ

パティ(Potty):元来は「おまる」の意味であるが「トイレに行く」という意味でも使われる

ピー(Pee):おしっこ

プー(Poo):うんち
ブーブー(boo-boo):ちょっとした擦り傷などの怪我のこと

シリアル(Cereal):コーンフレークなどの様なものの総称
ポプシカル(Popsicle):アイスキャンディー

スナック (Snacks):おやつ、軽食

フレンチフライ(French fries):日本でフライドポテトと呼ばれているもの

ジュースボックス(Juicebox):子供用の個別包装のジュース

バックパック (backpack):リュックサック

サンスクリーン(Sunscreen):日焼け止め
バイスクール(Bicycle):自転車

トライシクル(Tricycle):三輪車

 その他、「使えない和製英語」

サラリーマン:ビジネスマン(businessman)

OL:オフィスクラーク(Office Clerk)

(車の)ハンドル:ステアリングウィール(steering wheel)

オートバイ:モーターサイクル(motor cycle)

パソコン:PC

スキンシップ:該当するものなし

アメリカンコーヒー:該当するものなし

とはいってもはじめは、英語だと思い込んでいる言葉もありますね。相手が意味がわからなそうな表情をしていたら、すかさず、他の言い方で表現してみるということを習慣づけてください。そのうちに、どれが和製英語なのか、わかってくるものです。失敗から学ぶことは重要です。

オペア生活:積極的にコミュニケーションをとりましょう!

オペアの皆さんの多くは、海外旅行などの経験はあっても、現地の家庭で生活するのは初めてという方が多いのではないでしょうか。海外での暮らしやシッターという仕事に心躍る一方で、慣れない生活環境、言葉や習慣の違いなど、いろいろなことで戸惑うことも少なくはないでしょう。

特に、家族の一員として多くの時間を共に過ごすことになるホストファミリーとの関係は、一番気になるところではないかと思います。どんなに素敵なファミリーに出会ったとしても、そこはお互いに人間同士ですから、時に意見の食い違いというような状況が起きてしまうのは致し方のないこと、特に、言葉も文化も習慣も常識も違う者同士が一緒に暮らすのですから、些細な支障はあって当然です。

ですが、オペアの皆さんにぜひ覚えておいて頂きたいことは、そうした状況の多くは、日々のコミュニケーションを密に積極的にとることで防げる場合が多いということです。

一般的にアメリカ人は、思っていることをはっきり言葉で表現しコミュニケーションを図ろうとします。一方、日本人としては「遠慮」という言葉が真っ先に頭をよぎってしまうため、自分の意見を述べることについ躊躇してしまうかも知れません。が、この「遠慮」が思わぬ誤解を生み出す結果にならないように、是非ここは頑張って自分の意思を伝えるようにして欲しいのです。もちろん、これは決して「図々しくなんでもズケズケ言っていい」ということではありません。家族の一員として、またシッターとしての立場から、どんな意見でも誠意を持って伝えることです。

こういう時に有効な、コミュニケーションの手法があります。とても簡単なことですが、自分の意見を述べる前に、「相手の意思を尊重する」「相手の意見に感謝する」コメントを加えてください。「あなたのおっしゃってることは非常によくわかりました」「あなたのそのご指摘はとてもありがたく思います」など、まずは自分が相手の気持ちを理解しているということを示します。その上で「ですが、私としては、こんな風にも思うんですが」という風に会話を進める訳です。一例として:

  • I understand what you are saying, but I also think………
  • I appreciate your suggestion.
  • Please tell me if I am wrong, but……………
  • What I meant was………….
意見はきっちり言うというアメリカ文化ですが、その言い方に関しては「相手を尊重しながら」伝えること。これは欧米人とスムーズに意見を交換するためのキーとなるスキルの1つですのでぜひ活用して欲しいと思います。

オペアの皆さんに覚えて欲しい英会話:Good job!

これからオペアとして現地の家庭に入られて、小さなお子さんのお世話をされる皆さんに是非覚えておいて頂きたい言葉があります。それがこの「Good Job!(グッド・ジョブ)」です。意味としては「よくやったね!」「頑張ったね!」といった感じですが、この言葉は家庭内で、また学校関係で、とにかく頻繁に使われています。

日本人の感覚からすれば「よくやった!」なんていう言葉は、ものすごく頑張ってすごい成果を挙げた時に使う言葉と思われがちでしょうが、この「Good Job!」はそれとは少し違う感覚で使われることが多い言葉です。ですからもしかすると、日本人オペアの皆さんは最初は戸惑われるかも知れません。

例えばこんな例を挙げてみましょう。仮に子供が運動会の競争でビリになったとしましょう。こんな時、オペアのあなたはなんと言ってあげますか?「残念だったね。次はもっと頑張ろうね」でしょうか。

実はアメリカでは、こういう時にこそ「Good Job! You did great!(すごいわね、よく頑張ったわね!)」といって、大いに褒め称えます。つまり、結果はどうであれ、彼らがその結果に達する過程で「一生懸命に頑張った」その努力を評価し、「よくやったね」と褒めているのです。

この精神は、「褒めて育てる」がベースにある、アメリカでの子育てにおいてとても大切なことですので、オペアをやる上での心がけとしても是非覚えておいてくださいね。

日本で育ったオペアの皆さんには初めは馴染み難いかも知れません。けれど、どんな小さなことでもいいのです。ご飯を全部食べ終えられた時、手をちゃんと洗えた時、着替えが一人でできた時、などなど。そんなささやかな場面でいいのです。どうぞ満面の笑みと共に、「Good Job!」と大げさなくらいに子供達をたっぷりと褒めてあげてください。

Home > オペアの英会話

アメリカオペア留学無料相談受付中
フランスオペア
ニュージーランドオペア
オーストラリアオペア
Currently Available Japanese Au Pair
Meta

Return to page top