Home > Tags > 英会話

英会話

オペア英会話:物は言いようとはよくいったもの

ちょっと視点を変えて言い換えるだけで「魔法の言い回し」に!

子供に対して注意を促す時に使われる言葉をランクでまとめると、第一位は「早くしなさい」になるのだそうです。
そして、「ちゃんとしなさい」「どうしてXXXなの」といった言葉が続きます。
けれど、人生経験が短い子供にとっては、こうした言葉はあまりにも曖昧なため、正しく理解できず、結果として「注意しても聞いてくれない」といったことになりかねません。

ところが、これを、ちょっと視点を変えて言い換えるだけで、小さな子供にもちゃんと伝わるようになるのだそうです。
以下、その例を挙げておきます。
(1)「早くしなさい!」 → 「あと5分の間に片付けてね」「あと100数える間に片付けようね」 ※時計が読めなければ砂時計やタイマーを使ってもよいです
(2)「ちゃんとしなさい!」 → 「背中をピーンと伸ばして」
(3)「しっかり前を見なさい!」 → 「お母さんの顔を見て」「窓は見ないで黒板の方を見て」
(4)「どうして●●なの!」「なんで●●なの!」 → 「●●しましょう」 ※理由を追及しても意味はありません。
(5)「落ち着きなさい」「集中しなさい」 → 「3時になるまで座っていましょう」
(6)「お行儀悪く食べないの」 → 「口を閉じてモグモグ食べましょう」「肘は机の下におろしてね」「左手はテーブルの上に出してね」
(7)「順番を守って」 → 「滑り台はXX君の次ね」
(8)「きちんと重ねて!」 → 「大きい道具を一番下に置いてから大きい順番に重ねましょう」
(9)「きちんとしまいなさい」 → 「おもちゃはおもちゃ箱に、絵本は本棚にしまおうね」
(10)「お友達に優しくしようね」 → 「人の顔や体つきのことを言葉に出すのは止めよう、嫌な気持ちになるでしょ」
(11)「きちんと手洗いしなさい!」 → 「指の間、手のこうも手のひらも洗ってね」
(12)「この薬を飲まないと病気が治らないわよ」 → 「この薬を飲むと熱が下がって咳も止まって公園に行けるよ」

どうですか?どれも、具体的でわかりやすいですよね。命令形・否定形を使っていないので、「言うことを聞こう」という気持ちも起こるわけです。

オペアの皆さんも、ぜひ、参考にして、お子さんと有効なコミュニケーションをとるように心がけてみてください。

オペアさんの英会話: Really????

日本の学校で、「Really?」を「本当ですか?」と驚きを示す表現として習った人は少ないないでしょう。そしてその際には「語尾は上げ調子で言うこと」と習ったのではと思います。

が、実際のアメリカでの生活で、これを使っている人に出会うことはほとんどないことに気づいているオペアの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

なぜなら、この「Really?」という表現には、「相手の言うことを疑っている」意味が含まれるので、失礼にあたると考えている人が多いようなのです。

つまり「ええ、本当にそうなの?」といった意味合いで、ただびっくりした時の反応とは違った様に受け取られかねないわけです。

ただし、語尾を上げないで使う「Really?」は、「へぇ、そうなの」くらいな感じの意味を持ち、こちらは日常的に使われているといっていいでしょう。
では、彼らは「本当なの?」の時にどんな言葉を使っているか、というと、若い男性では多くの人が「For real?」と語尾を上げ調子で使っているのに気づきます。これは単純に「それは知らなかった」という意味で、相手の言うことを疑っているというわけではありません。
カジュアルな言い方ですから、ビ ジネス用語としてはお勧めしませんが、日常生活では耳にする言葉のひとつです。

ちなみに、他に「びっくり」を示す言葉では「Oh my God!」や「Kidding me!」などがありますね。

オペア生活:Okay(OK)と fine、good について

Okay(OK)も fine もまたgoodも、単語としては「良い」という意味で理解される言葉ですが、その使い方によっては、「良くない」という風に取られてしまう言葉であることをオペアの皆さんはご存知でしょうか。

例えば、
「How are you doing? (どう?元気にしてる?)」
「I am OK.(ええ、元気よ)」の場合には、「良い」意味で使えますが、

これが
「How did you like the movie?(あの映画はどうだった?)」
「It was OK.(まあまあだったよ)」の場合には、「あの映画はそんなに良くはなかった。まあまあだった」という風になり、

また
「How are you doing? (どう?元気にしてる?)」
「I am fine.(ええ、元気よ)」は、問題ありませんが

「How do I look?(どう?この服装でおかしくないかしら?)」
「You are fine.(別に問題ないんじゃないの)」の場合には、「それで問題ないよ」程度の意味合いになり、決して相手を褒めていることにはなりません。

こういう時には「You look fantastic!!」などと言って、大げさなほどに褒めるのが礼儀です。

これと同様に、goodも、使い方によっては「普通に良い」程度の意味合いが生じます。

例えば
「How was your meal?(食事はおいしかった?)」
「It was good.(おいしかったよ)」となりますから、
ディナーに招かれたりした場合には「It was very good!」あるいは「It was delicious!!」などと、強調する方がいいでしょう。

子供たちの成績もGoodというのは、日本的にいえば良いだから素晴らしいと考えがちですが、Goodというのは平均的とも取れます。Above Average(平均より上)、Excellentというレベルで評価されたときには、その子供は普通より上ということになりますので、もちろん子供たちは褒められる対象となります。

日本の教科書では教わらなかったアメリカ日常英語、「そんなつもりじゃなかったのに。。。」を避けるためには注意が必要です。

オペア英会話:Have a good one!

” Have a good one!”
アメリカで暮しているオペアの皆さんなら、この言葉をすでにどこかで聞かれた方も多いと思います。

10年くらい前には、あまり聞かれなかった気がする言い回しなのですが、この数年、どこででも、誰もが使っている言い回しのようです。

でも、こんな言い回しって、日本にいた時、学校の英語の時間では習ったことがないなぁ、と思っていらっしゃる方も少なくないでしょう。

大体、「Have a good one!」の「one」は一体何を指すのか?
と思ったりもしてしまいます。

どうやら、この” Have a good one!”は、” Have a nice day. ”と同じような意味合いで使われている言い回しのようなのです。ですから、お店のレジの別れ際や、道でちょっとすれ違った人々、あるいはオフィスの仕事仲間同士で使ったり。

さらに、時には” Good-bye. ”の意味合いでも使われたりしています。ですから、「one」には特に重要な意味合いはなく、しいて言えば、そこには「day 」「afternoon」などと置き換えた感じで理解しているといいかと思います。

ただし、決して丁寧な言い回しではなく、とてもカジュアルな感じで使われていることを留意しておいてください。

そういえば、日本では誰もが習う英語の言い回しの1つである” How are you?”の模範解答としては、” I’m fine, thank you. ” と習った方が多いかと思いますが、実生活では、これは少しかしこまった言い回しのようで、普通の会話の中では、” I’m good!”なんて言う人も多いです。日本で教わった英語と、実際の英語表現は、いろいろと違うものですね。

英会話を上達させるために

日本にいた時には、「自分は英語が話せる方だ」と思っていたオペアの方でも、実際にアメリカで生活を始めてみると、自分の英語がそれほどまでに通じていないことにショックを受け、「言葉の壁」にぶち当たって自己嫌悪やストレスを感じる人という人が多いのではないでしょうか。
そんな時のアドバイスとして一番に挙げたいのは、まずは「大きな声ではっきり話すこと」を心がけることです。
日本語アクセントが恥ずかしいから、あるいは、英語に自信がないから、と、小さい声で話していては、相手に「私はあなたとコミュニケーションをとりたいのです」といった意図が伝わりません。発音が正しくなくても、文法が正しくなくても、はっきりと、またゆっくりと、誠意を伝えるように相手に話しかけることが大切です。
こうすることで、先方にも熱心さが伝わり、そこからコミュニケーションが生まれるのです。

もちろん、それと同時に、自分の英会話力を高める努力も必要です。
新聞、雑誌、小説を読んだり、映画、テレビを見たり、ラジオを聴いたりと、積極的に「生の英語」に触れることは、英会話力を高める上では欠かせません。
英語はいちいち日本語に訳さず、口語としてどういうシーンで使うのかを覚えてしまうことが即戦力と言えるからです。
この点から、映画などは大人も楽しめる子供向け映画なども役立ちますし、日本で既に読んだことのある小説などを英語で読み返すというのもいいでしょう。

発音に関しては、英語でのその音の特徴を、やや大げさに発音するくらいの気持ちでいると、英語の口語としてはそれらしく聞こえるようです。
代表的なところでは、日本人が苦手な「L」と「R」がありますが、これも舌をしっかり動かして、オーバーに発音してみてください。

オペアの皆さんも、英会話の上達についてはご自身でいろいろお調べになっていることと思いますが、今回は、情報のひとつとして、「90日で完璧な英語の発音を身につけるために」というタイトルの、イーブックをご紹介しておきます。
日本語訳もあり、無料でダウンロードできますので、ぜひ活用してみてください。

下のバナーをクリックすると、Eブックダウンロードのための登録画面にアクセスできます。登録情報を入力し、皆さんのFluency(英語の流暢さ)を判断して選び、SUBMITを押してください。

 

オペア登録の会話力審査

オペアとしてアメリカ人家庭のお子様のお世話をするアメリカオペアプログラム参加のためには、ある程度の英語力が必要であることはご理解いただけると思います。日本人オペアの皆さんも、英検、TOEFL、CASEC実用英語試験などのスコアから、中級程度の英語力があることを証明していただいております。

オペアジャパニーズコネクションが登録のサポートをする、アメリカの正規オペアエージェント、インターエクスチェンジは、2014年1月からオペア渡米される方に対し、英会話レベルを図る共通のインタビューを全登録者に義務づけることになりました。

今後はオペア登録の仲介をする当社のようなインターナショナルコーポレーターは、はじめにオペアを希望する皆さんと面接をする際に、英語での質問をさせていただきその回答に基づいてレベル5からレベル10までの英語レベルを判断させていただきます。

共通の英会話力判断のためのインタビューを加えさせていただくことをどうぞ恐れないでください。質問自体はおちついて聞けばわかるレベルの質問です。重要なのは、名詞、動詞を含む、完全なセンテンスで答えるということ。

面接前までに、オンライン英会話レッスンなどで練習を積むことをお薦めします。

この新しい英会話インタビューも含む、オペア実現に必要な英語力を磨くということについて、YouTubeビデオでご紹介しております。こちらをぜひともご覧ください。英会話インタビューの内容についてもご説明しています。

オンライン英会話レッスンでオペア面接を乗り切る

アメリカのオペアエージェントに登録するのは、もちろんオペアに申し込む第一歩。

そこから実際にホストファミリーからオペアとして選ばれるために通らなければいけない関門が、スカイプなどで行われるインタビューです。
興味のあるオペアさんにホストファミリーからインタビューリクエストがあったらいよいよ本番です。ここは誰も助けてくれません。


インタビューはホストファミリーがオペアとの相性を見る、一番重要なプロセスです。

インタビューはもちろん英語で行われます。日本人オペアを望むホストファミリーの中には日本語が話せる方がいる場合も多いのですが、ホストファミリーはアメリカ生活で必要となる英会話力をもっているかを試すためにも、英語の力も見てきます。

英検やTOEICのスコアで高得点を保持している方であっても、実際にこのような面接の場面になると緊張して思うように話せないものです。
「こんなはずではなかった」そう思うかもしれません。

自分の魅力や可能性を最大限に英語でアピールするためには、どうしたらよいか?

日々の英会話への慣れが大きなポイントと言えます。

可能であれば毎日、英語で話す時間を作ってください。
毎日英語を聞く時間を作ってください。

毎日何時間もする必要はありません。

30分もあれば十分です。

でも毎日やること。 これが鍵です。

学校に通わなくとも、オンラインで英会話レッスンができる時代です。しかもレッスン料金もお手頃で、毎日30分弱のレッスンができます。
レアジョブというオンライン英会話レッスンは、ネイティブの先生とのマンツーマンでのレッスンが体験できます

フィリピン人の先生たちなのですが、多くの講師陣はフィリピン大学の学生や卒業生です。レッスンをする場合には講師も選べますので、フィリピン大学生であることを指定したり、講師のプロフィールや音声を聞いた上で予約ができるのも安心です。

私も講師たちの音声を聞いてみましたが、綺麗な英語を話すと感じました。

スカイプでのオペアインタビューを想定した疑似インタビューをしてもらったり、自分の発音を聞いてもらったりしながら、毎日レッスンを積んでいくことがオペアインタビュー突破の早道となると思います。

まずは無料体験からお試しができますから、試してみて自分にあうかどうかを決めるのもよいでしょう。
無料体験は通常2回できますし、期間によってはさらにもう1回無料お試しができます。

継続は力なり。
来週から、来月から始めようと思っていないで、今週末から始めてみましょう!


オペアの英語:敬称について

オペアの皆さんもすでにご承知の通り、アメリカ社会での人間関係間では、通常、お互いをファーストネームで呼び合います。

つまり、ホストファザー、ホストマザーに対しても「ジョン」あるいは「ケイト」などと呼んで問題はありません。

では、どんな人間関係においてもこの様に呼び合っていいのか?というと、それがそうとは行かず、敬称をつけて呼んだ方が好ましい人たちもたくさんいます。

以下、参考例をいくつか挙げておきますので、覚えておいてください。ちなみに、これらの敬称は、「ドクタースミス」などの様に、「名前の前」につけて使います。

医者:ドクター(Dr.)

大学の先生:ドクター(Ph.D取得者)、プロフェッサー

小中高の学校の先生:ミセス(Mrs. 既婚者)、ミス(Miss. 未婚者)

 

名前を知らない人の場合でしたら、サー(Sir、男性)、マム(Ma’am、女性)を使うと丁寧な感じになります。(「Excuse me, Sir」:ちょっとすみません)

また、警官、おまわりさんなどと会話する時には、サー(Sir、男性)、マム(Ma’am、女性)をつけて話すようにしましょう。(「Yes, Sir」:わかりました)

それから敬称ではありませんが、小さい子に話しかける場面でよく使われる言葉に「Honey」や「Sweetie」というのがあります。親が子供に話しかける時や先生が生徒に話しかける時など、「What’s wrong, Honey?」などと使うのが一般的です。

それから、アメリカ社会では「相手の名前をちゃんと覚えていること」というのが、人間関係においては重視されています。ですから、顔見知りの人と挨拶を交わす際には、「How are you, Kate?」などのように、きちんと名前を入れて挨拶するようにしてください。これだけでぐっと好印象に受け止められます。

 

オペア生活:丁寧語について

オペアとしてアメリカにやってきて、英語はある程度話せると思っていても、その表現方法は日々勉強と感じているかもしれません。

英語には、基本的には「敬語」にあたるようなものは存在しないのですが、だからといって、目上の人にも、同年代の友達と接するように話していいか?というと、それは事と次第によるといっていいでしょう。

いわゆる「スラング」と呼ばれる俗語は、いくら流行っているからといっても、外国人である私たちにはその感覚がわかりにくいので、誤解されないように使うのは難しいと思いますし、テレビで報道される時に「ピー」と消される放送禁止用語ではない言葉の中でも、日常的にはあまり歓迎されない単語、言い回しというのもたくさんあります。

日常的に小さいお子さんと接するオペアの皆さんは、特に「子供に対しての影響」を考えて、正しく丁寧な言葉使いをすることが大切だと思います。

基本的には、日本の学校で習った英語を使っていれば問題ないと思います。そして、生活しているうちに身についてくる現地での日常会話を応用していけばいいのです。

以下、日常使いできる代表的な「丁寧語」の例を挙げておきますので、参考にしてください。簡単な覚え方のひとつとして、「can」よりも「could」、「do」よりも「would」と覚えておくといいでしょう。

Could you do me a favor?

お願いしてもいいですか?

Could you come here?

ちょっとこちらに来てもらえますか?

Would you mind if I eat this?

これを食べてもかまいませんか?

What would you like to do?

なにをしたいですか?

What would you like to eat(drink)?

なにを食べたい(飲みたい)ですか?

 

どんな人を相手に会話するのでも、カジュアルすぎるよりは、丁寧すぎる方が好感を持たれると思います。英語でも日本語でもTPOはとても大切であることを忘れないでください。

ホストファミリーとのマッチングを高める法則

11月のはじめに、アメリカ政府認可のオペアエージェントで当社が提携しているインターエクスチェンジ社の毎年恒例の会合の参加してきました。およそ3日日に渡り、ローカルコーディネーター、世界のオペア登録をサポートするインターナショナルエージェントと、インターエクスチェンジのスタッフが、オペアプログラムの向上を目指して意見交換をしました。

今日は一つのセミナーで紹介された、現在のオペアアプリケーションの状況リポートをもとに、少しでもホストファミリーとのマッチング率を高める方法をご紹介します。

チャイルドケアの経験時間を増やす

オペアの仕事は、ホストファミリー宅の子供のお世話をすること。ホストファミリーはこのお仕事に対して報酬も支払う訳ですので、チャイルドケアの経験、ベビーシッター経験の多さは大変に重要となります。アメリカ政府は「最低でも200時間以上の経験があること」を義務付けていますが、実際のオペア登録者はこの200時間を何倍も上回る時間を重ねています。2000時間以上の経験をもつオペアも多いのです。そのため、一般的には800時間、最低でも500時間の経験は欲しいところです。

その方法として:

  1. 基本の200時間を超えたあとからは、親族や友人のお子様の面倒を見た時間も経験としてカウントできます。細かにチャイルドケアの時間と経験を計算し、記述しましょう。
  2. ボランティアも積極的に行う。
英語会話力を高める

オペア登録に際しては「基本的なコミュニケーションがとれる」ということが最低条件となります。でも実際は基本的な会話力以上、多くのオペアがきっちりとホストファミリーとの会話がとれる英会話力を持っています。ドイツ、フランス、ポーランドなどヨーロッパ出身のオペアは小さいときから英語もきっちり話せるように訓練しますし、イギリス、サウスアフリカ、スウェーデンなど英語が公用語のオペアも多いのです。ホストファミリーにとって「英語できっちりコミュニケーションがとれる」ことは、大きなポイントとなることはいう間でもありません。英語が第2外国語で、しかも会話力が低いと言われる日本人はこの点をクリアするのは難しいのですが、それでも乗り越えないといけない壁です。

英語力を向上させる方法として:

  1. 定期的にレッスンを受ける:スカイプを利用した会話レッスンなども積極的に利用する
  2. 英語の読み書きもきっちり勉強する。
  3. 先に語学留学とホストファミリーを体験する。
車の運転歴をアピールする

アメリカで生活する上で、車が運転できることは必須とも言えます。例え都市であっても、車がなければ不便な場所がほとんどなのです。子供のお世話をするオペアには、学校への送り迎えを仕事の一つに加えているホストファミリーもおります。アメリカのオペアは車の運転がきっちりできるということは大きなプラスとなります。車の免許があるだけでは十分ではなく、「車を日々運転している」と言う事実を証明するとホストファミリーも安心します。一般的に2年以上の運転歴(もちろん事故率なし)が有利と言われています。

車の免許がないという方、英語力があって、チャイルドケアの経験があったとしても、免許がないだけでホストファミリーとのマッチング率は数パーセントに落ちてしまうことを考えれば、自動車免許取得の投資はあとで大きな違いを生むことは間違いありません。

 

オペアに本気でなりたいけれど、上記の何か一つでも満たしていないという場合には、あきらめないでください。渡米目標時期が少し先になったとしても、時間をかけて問題をクリアしていけば、オペア登録の際には有利に働くのです。

自分にとって今なにが足りないかを見極めて、努力を重ねていってください。

Home > Tags > 英会話

アメリカオペア留学無料相談受付中
フランスオペア
ニュージーランドオペア
オーストラリアオペア
Currently Available Japanese Au Pair
Meta

Return to page top