Home > アメリカ生活

アメリカ生活

オペア生活:夏の食べ物

アメリカでは5月末の「メモリアルデー」を境に、夏が始まるという風に認識されています。

そして、アメリカの夏にとって欠かせないもののひとつにBBQがあります。

BBQと日本で聞くと、みんなで集まって鉄板を囲み、肉や野菜や焼きそばを焼いたり…のようなイメージが思い浮かばれますが、アメリカのBBQはその名もまさに「BBQ」と呼ばれる肉の塊をBBQソースで味付けて豪快に焼いたものになり、野菜類は含まれません。

そしてアメリカのほとんどの家庭には「グリル」と呼ばれる屋外に設置する炭で調理できる機器があり、夏場は特にこのグリルで調理した料理を楽しむのが「夏の楽しみの醍醐味のひとつ」でもあるようです。先のBBQのほか、一般的には、ホットドッグ、バーガー、ステーキやチキン、シーフードなどが多いですが、ピザを焼いたりする人もいるようです。

夏場に知り合いから「Dish to passでグリルするから遊びに来て」と誘われた場合は、大抵はハンバーガーやホットドッグなどが準備された集まりで、これらはホストが準備しますが、招待された人達は「Dish to pass=何か一品」持参するのがルールです。定番はポテトサラダやマカロニサラダ、フルーツの盛り合わせ、チップス&ディップあるいはサルサなどでしょうか。
あるいは、デザートなども喜ばれることが多いです。ホストの人に「何を持っていけばいいですか?」とたずねることは問題ありませんから、迷ったら直に聞いてみるのがいいと思います。

アメリカには日本のように、夏場に冷たい食事を摂るという認識はあまりないように感じますが、このBBQ、グリルの豪快さはまさにアメリカならでは。オペアの皆さんもアメリカ滞在中に存分に楽しんでください。

「電線に引っかかっているスニーカー」の謎

オペアの皆さんは、町のちょっとしたはずれで、電線にスニーカーがぶらさがっている光景を目にしたことがないでしょうか?

あんな高いところに、一体どうやってクツを放り投げたのか?と非常に疑問に思うわけですが、どうやら、この「電線に引っかかっているスニーカー」には様々な「謎」が秘められているようなのです。

左右のスニーカーの靴ひもを結び、それを電線に向かって投げて引っかけるというこの行為。いつ、誰が、何のために始めたかは不明で、現在でもこの行為が意味していることは謎のままなんだそうですが、低所得者エリアによく見かけることから、ギャング達の縄張りを表しているという説を指示する声が高いようですが、私が住む地域では、なんと「ドラッグディーラーのスポット」を示すサインと言われていたりします。つまり、このクツがぶら下がっているあたりで「取引」が行なわれているよ、ということだ、というらしいのですが、もし本当にそうだとしたら、すぐ警察に捕まってしまいますよね???

他にも、

  • 子どもによるイジメ(イタズラ)
  • ドラッグ使用者による謎の行為
  • ファイトクラブ的な秘密結社のサイン
  • かつてここで人が死んだというサイン
  • 引っ越す人が自分が住んでいた証を残すために

なんて説があるようですが、実際のところは「謎」に包まれたまま。

この「電線に引っかかっているスニーカー」について、オーストラリアの映画プロダクションが「The Mystery of Flying Kicks」と題するショートドキュメンタリー映画を作製しているのですが、これが面白い内容です。(メルボルンフィルムフェスティバル2010で「ベストショートドキュメンタリー賞」受賞)。

この映画によれが、欧米各国の他に、中東でもこの光景がみつかるのだそうです。果たして、この「電線に引っかかっているスニーカー」が意味するところはなんなんでしょうか?

電線にひっかかったスニーカー

オペア生活:「5月5日」をお祝いしましょう!

オペアの皆さんなら、「5月5日」と聞けば、すぐに「こどもの日」を想像されることでしょう。

実は、アメリカにも「5月5日」のお祝いがあって、これは「シンコ・デ・マヨ(Cinco de Mayo)」と呼ばれるメキシコの祝日として知られています。多くの人がメキシコの独立記日と誤解しているようですが、ウィキペディアによれば「1862年5月5日に、プエブラの会戦でメキシコ軍がイグナシオ・サラゴザ将軍の指揮の下、フランス軍を奇跡的に撃退したことを記念した祝日」となっています。しかし、メキシコ国内ではこの「シンコ・デ・マヨ」は地域的なものなのだそうで、国全体の祝日にはなっていないということです。しかしながら、アメリカでの「シンコ・デ・マヨ」はメキシコのそれよりはるかに重要な意味があり、メキシコ人の伝統と尊厳の祝典とされ大きく祝われています。

そして、アイルランド系アメリカ人の「セントパトリックスデイ」や、ドイツ系アメリカ人の「オクトバーフェスト」、中国系アメリカ人の「旧正月」同様に、アメリカでは民族に関係なく、多くのアメリカ人がお祝いします。特にメキシコ系移民が多い地域では、様々なイベントなども繰り広げられ、メキシコの飲み物や食べ物をはじめ、音楽、民族衣装、踊りなどといったメキシコ文化が紹介されます。

日本でも、この日に「ラテン系」のフェスティバルを催している地域もあるようですし、マルガリータ、チップス&サルサで、にぎやかな一日を過ごすのももちろん悪くはないのですが、日本人オペアとしては、ぜひ「日本の5月5日」も紹介したいと願うところではないでしょうか。鯉のぼりや兜などの飾りを写真で紹介したりして、ぜひ、ホストファミリーの方に日本の子供の日を紹介されてみてはどうでしょう。

ちなみに、私はこの日には散らし寿司をはじめとして、日本の家庭料理を作って家族で祝うようにしています。オペアの皆さんも、ぜひ工夫を凝らして「子供の日」を楽しんでください。

オペア生活:外食好きなアメリカ人

アメリカ人家庭に滞在しているオペアの皆さんなら、アメリカの家庭では、外食や、テイクアウトの食事の回数が多いいなぁと思ったことはないでしょうか。

数年前に行なわれた調査結果によりますと、外食の割合が最も高い国はアメリカで、その次が韓国、そしてアメリカ人回答者のうち66%が1週間に少なくとも1回の割合で外食すると答え、テイクアウトの回数は、1週間に1回が63%、1週間に1回以上が37%との結果が出たそうです。

以下は、アメリカにおけるレストランの成長度合いを示したものです。「ファストカジュアル(ファストフードよりワンランク上の、セルフ式レストラン)」の成長が一番高く、一時停滞気味であった「ファインダイニング(高級店)」が復興の兆しを見せていますが、アメリカ人の食生活を支えているといわれる最大勢力の、「QSR(クイックサービスレストラン/ファストフード)」はなぜか成長ゼロ。「カジュアルダイニング(ファミリーレストランなど)」、「ミッドスケール(ファミリーレストラン)」の両業態は、客数減がつづいています。

出典:The NPD Group 2013年11月

2012年の米国チェーンレストランの出退店数ランキングを見てみると、
出店数
1位 サブウェイ (+827店)
2位 スターバックス (+320店)
3位 ダンキンドーナツ (+291店)
4位 ジミージョーンズ (+232店)
5位 リトルシーザーズピザ (+218店)
6位 ファイブガイズ (+187店)
7位 チポトレ (+173店)
8位 ピザハット (+156店)
9位 ディッキーズ・バーベキューピット (+154店)
10位 パパジョーンズ・ピザ (+130店)

退店数
1位 クイズノス (-414店)
2位 ケンタッキーフライドチキン (-162店)
3位 アービーズ (-83店)
4位 ウェンディーズ (-59店)
5位 コールドストーンクリーマリー (-55店)
6位 シーシーズピザ (-54店)
7位 フレンドリーズ (-46店)
8位 A&Wオールアメリカンフード (-33店)
8位 バハフレッシュ (-33店)
10位 デイリークイーン (-26店)

オペアの皆さんにもおなじみのお店がランクインしていませんか?サブウェイとスターバックスはこの10年で最も伸びたチェーンレストランとしても選ばれていて、共に新業態の店が展開を始めているそうです。

 

 

オペア生活:イースターエッグを作りましょう!

店頭では、うさぎの形をしたチョコレートや、ひよこのデザインのデコレーショングッズなどがたくさん並んでいるので、オペアの皆さんも既にお気づきのことかと思いますが、来週の日曜日はイースターの祝日です。

イースター(Easter)というのは、復活祭とも呼ばれるキリスト教の典礼暦における最も重要な祝日で、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが第3日目に復活したことを記念して祝う日で、基本的に「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われるため、年によって日付が変わる移動祝日になっています。

このイースターに欠かせないのが、イースターエッグと呼ばれる、ゆで卵に鮮やかな色をつけたり、デザインを施したりして作る卵の飾りです。この時期なら、どこのお店でもこのイースターエッグ作りに使う、色づけアイテムやデコレーション用のシールなどがたくさん売られていますから、オペアの皆さんは、ぜひお子さんたちとこの卵作りを体験されてみてはいかがでしょうか?

イースターエッグ作りのお助け商品

$2~$3くらいで売られているこのキットには、酢に溶かして染料を作ることのできる錠剤が入っています。

宗教的なイベントなのですが、小さい学年だと小学校でもイースターエッグハントのイベントをしたりするところも多いです。

オペア生活:ゾンビブーム!

アメリカに滞在されているオペアの皆さんならば、既に気づいてらっしゃる方もいらっしゃるでしょうか。アメリカでは、バンパイアブームがひと段落ついたかと思ったら、今度は、どういうわけだか、ゾンビブームなのです。映画では、アメリカでは2012年に封切りになったブラッド・ピット主演の「ワールド・ウォーZ」などがありましたが、今、もっとも話題に上がっているのが、2010年からケーブルテレビのAMCで放送されている「ウォーキング・デッド(The Walking Dead)」です。この番組、つい先日、シーズン4が終了しましたが、そのシーズン4のプレミアでは16.1 ミリオンの視聴者を獲得し、ケーブルテレビ史上で最大の視聴者数を記録したのだそうです。

あらすじはと言うと、「ゾンビによる世界の終末を迎えた後の物語であり、荒廃したアメリカ合衆国で安住の地を求めてアンデッドの 集団から逃れつつ旅をする少人数のグループを描く。シーズン1は主にアトランタ都市圏を舞台とするが、シーズン2からシーズン4は、ウォーカーから逃れて ジョージア州北部地方に舞台を移す。ウォーカーはあらゆる生き物をむさぼり食い、噛みつかれると人間は感染する。ウォーカーの群れ、事故、そして生存者に よる略奪など、敵意に満ちた世界で日々直面する試練にもめげず、グループが人間性を保とうと奮闘するジレンマが主に描かれる。グループは、ゾンビが大発生する前はジョージア州の小さな町の保安官代理をしていたリック・グライムズが率いる。グループは、社会が崩壊した世界で、ウォーカーの恐怖、グループ内の力関係の変化、そして自らの生存だけを考える数少ない生き残りの人間たちに直面する。(ウィキより引用)」

あまりにも話題になっているので、私もマラソン(既に放映されたエピソードを、一気に続けて放映すること)が放映になっている時にチェックしてみましたが、感想としては、まぁアメリカ人の好みそうな内容だな、ということ。ゾンビは特殊メイク技術を駆使してあるとは言え、やはりどこか「作り物感」が漂ってくる滑稽さがあるのですが、そのゾンビが次々に襲ってくるという状況で繰り広げられる様々な人間ドラマには、そこそこ深みがあって、そうした部分が人気になっている原因なのではと思いました。

すでにシーズン5の製作が決まっているそうですから、まだまだこのゾンビブームは終わりそうにないようです。

オペア生活:レプラコーンって何?

レプラコーン(Leprechaun)って一体誰?バレンタインが終わり、町からピンク色の飾りが消えたかと思っていたら、今度は緑色のものがたくさん飾られているのに気づかれたでしょうか。実は、3/17日がセントパトリックスデー(St Patrick’s Day)と呼ばれるアイリッシュの祝日にあたるからです。これはアイルランドにキリスト教を広めたとされる聖パトリックの命日とされているため、カトリック教徒のお祭りであり、アイルランド共和国では祝日になっていて盛大なパレードやフェスティバルが行われています。
アメリカでもアイルランド系移民の多い地域・都市では盛大に祝われパレードなどが行われていますが(現在ニューヨークのマンハッタンは世界で一番大きな聖パトリックの日のパレードが行われる場所である)、基本的には世俗化し、カトリック信徒でない人々も「緑色」のものを着てお祝いするようになっています。

そして、そのセントパトリックスデーの時期にこんなキャラクターを見かけて、これは一体何?と思われていたオペアの方もいらっしゃるかも知れません。この緑色に着飾ったキャラクターは「レプラコーン」(英語ではレプラカーン)と呼ばれるアイリッシュの伝承に登場する妖精なんです。

彼は、靴職人とされていて、童話『小人の靴屋』に登場する妖精とはこのレプラコーンのことだと言われているのだそうです。 地中の宝物のことを知っていて、うまく捕まえることができると黄金のありかを教えてくれるのだそうですが、大抵の場合、黄金を手に入れることはできないのだとか。そしてこの妖精は金の入った壺を持ち歩き、一瞬でも目をそらすとすぐに悪戯を仕掛け笑いながら姿を消すといわれていて、アイルランド南西部には「レプラコーンに注意」 (Leprechaun crossing) の交通標識があることで有名なんだそうです。では、このレプラコーンがなぜ、セントパトリックの祝日の日のキャラクターの様に扱われているのか?実際には、この両者の間には直接的な関連はないということですが、まずはどちらもがアイリッシュの歴史から来ているものであること、それからレプラコーンが黄金という幸運を持ち合わせていることと、セントパトリックの生い立ちが幸運に恵まれていた(幼少の頃に奴隷となったが、後に逃げることに成功した)というようなことから、お祝いのシンボルとして扱われるようになっているということのようです。

3月の第2日曜日は??

3月の第二日曜日はSpring forward

3月に入りました。オペアの皆さんも、3月に入る少し前から、日中が長くなってきたのを実感されていることかと思います。ということは、例のあれですよ。

そう「デイライトセービング」がやってきます。一般的には「サマータイム」などとも呼ばれていますが、この意図としては、日中の陽が長い時期には「昼間」を1時間長くして目一杯活用しようといういうわけです。

この「デイライトセービング」はハワイ、アリゾナ、そしてインディアナの3州では実施していないのだそうですが、他の週では、実施期間は3月第2日曜日から、11月第1日曜日までのおよそ8ヶ月間で、3月第2日曜日に時計の針を1時間進め、11月第1日曜日にそれを1時間戻すことで調整します。

携帯電話やPCの時計は、この調整を自動的に行ってくれますが、毎朝使っている目覚まし時計の針をちゃんと合わせておくのをお忘れなく!!また当然ですが、この時、日本との時差にも変化がありますから、電話をする時には注意してくださいね。

このたった1時間の時差なんですが、簡単に調整できない人もいるようで、軽い時差ぼけのようなものを感じる人もいるそうです。面白いですね。この3月の第二日曜日を過ぎて、セントパトリックの祝日を経て、そしてイースターへと続き、アメリカでは徐々に春になっていくわけです。

オペア生活:ホームスクーリングとは?

学校に行かないで自宅で学習「ホームスクーリング」

オペアの皆さんは、「ホームスクーリングhomeschooling」という言葉を耳にされたことがあるでしょうか。これはまさにその言葉が示す通り、子供を学校に行かせないで、自宅で学習を行なう方法のことを指します。過去にはこのホームスクーリングを違法としていた州もあったようですが、現在では全州において合法になっているようです。学校に行くのが当然だと理解している日本人から見ると、学校に行かないで自宅で勉強するということは、非常に驚かされることではありますが、アメリカの教育省の調査によれば(2007年の調査結果)、5歳から17歳の就学年齢にあたる子供のうち、全体の2.9%にあたる約150万人がこのホームスクーリングで学んでいるそうで、1999年の85万人(全体の1.9%)、2003年の110万人(全体の2.2%)と比較しても、この数字は徐々に増加していることがわかります。

では、なぜ、学校に行かせない選択をするのか?その理由で一番多いのは、宗教的・道徳的な理由によるものだそうです。一般大衆の「世俗的」価値観から子供の精神を守るため、というのが大きな理由です。そして次に学校環境への懸念、そして一般の教育に対する不満と続きます。他にも、・家が学校から遠い(農村地域など)・健康面に問題がある・いじめなどの問題があり子供が不登校になった・保護者が英才教育を望んでいる

ホームスクーリングの中でも「アンスクーリング」と呼ばれるものは、教科書や学校環境に束縛されることを嫌うため、興味本位の学習を行なう手段を指し、「デスクーリング(脱学校)」と呼ばれる、学校組織に組み込まれるのを嫌う反体制主義により家庭での教育を選ぶ家庭もあります。つまり、子どもを学校というシステムに入れることをせず、家庭で子どもの教育を担おうとする決断の背景には、保護者自身の価値観へのこだわりや一般の学校に満たされない様々な思いがあるわけです。

ただ、学校へ行かないと言っても、こうした子供たちは、家で親や家庭教師などの指導の下、カリキュラムや時間割に沿って勉強し、年に一度は自主的に学力標準テストを受けて、習熟度チェックをしたりしますし、アメリカにはこのホームスクーリングをおこなう家庭を法的に支援するための民間団体として設立されたホームスクール法律擁護協会(HSLDA)ホームスクーリング関連のウェブサイト、ホームスクーラー向けの参考書や教科書、またそれを専門に販売する業者や店舗、インターネットスクールも多数存在していますので、学校へ通っている子供と比べて、学習力が劣っているといったようなことはないようです。

一例ですが、私の知り合いのお嬢さんは、高校生の年齢の時に地元のコミュニティカレッジのコースを終了して、一般の高校生より早く大学を終了してしまいました。こういう柔軟性が手に入るというのは、ホームスクーリングならではかも知れません。また自宅で勉強するというと、一瞬、閉鎖している、社会との接点がなさそうに聞こえますが、こうした子供達にも、地域の学校、図書館などは、学校に通う子供と同様にいろいろな活動を提供していますし、教会などのボランティアを積極的にやったりしながら、地域の子供たちと交流を図っているケースも多いようです。

親が先生代わりになると聞くと、なんだか大変そうだなぁ、と思ってしまいますが、ホームスクーリングが子供の教育のための選択の1つとして認められているというのは、教育の質を親がコントロールできるという点から見れば、ありがたい選択とも言えるでしょう。

オペア生活:スーパーボウル・サンデー

さて、この週末は「スーパーボウル・サンデー」でしたね。オペアの皆さんも、ホストファミリーのお宅でパーティなどに参加され、一緒にゲーム観戦をされたかも知れません。

が、ご存知ない方のために加えておきますと、このスーパーボウルと呼ばれるゲームは、アメリカのプロフットボールリーグNFLにおける優勝決定戦で、アメリカン・フットボール・カンファレンス(AFC)とナショナル・フットボール・カンファレンス(NFC)の各優勝チームで争われるものです。毎年2月上旬の日曜日に実施されるので、上記のような名前がつけられています。

ウィキによれば、この日曜日は事実上アメリカの祝日になっており、年間で、感謝際に続いて2番目に食料が多く消費されることでも知られているのだそうです。

スーパーボウルはアメリカで最も人気のあるプロスポーツリーグの優勝決定戦であり、同国の全テレビ番組で年間視聴率No.1を記録し続けていて、このため、テレビ中継に流されるコマーシャル枠の価格は世界で最も高価で、大手企業の大金を惜しみなくつぎ込んだコマーシャルが見られることでも知られています。これはアップルコンピューターが1984年のスーパーボウルでマッキントッシュの発売告知のコマーシャル「1984」を放映したことにより、一躍名を知られるようになったことが契機とされているのだそうで、2013年現在、CM枠の価格は30秒枠で平均380万ドルといわれています。

また、前半と後半の間に行われるハーフタイムショーに代表されるエンターテインメントも有名で、特に1993年のマイケル・ジャクソン以降は、毎回有名歌手等によるミニコンサートが開催されるほか、試合前の国歌独唱にも多くの有名歌手が起用され話題を呼んでいます。ちなみに、このハーフタイムショーに対する歌手側のギャランティーは原則として一切ないのだそうです(交通費・宿泊費等の経費は支払われる)。

今年は、今大人気のブルーノ・マーズでしたね。

フットボールファンなら絶対に見逃せないこのゲームですが、特にファンでないアメリカ人にとってもこの日曜日はイベントとして特別な日なようで、友人や家族と集まってパーティーをしながらゲームを観戦するというのが典型的な過ごし方で、雑誌などではこのための「パーティメニュー」の特集なども組まれたりするほど。

スーパーボウル・サンデーはアメリカ全体が熱狂する日曜日なのです。

Home > アメリカ生活

アメリカオペア留学無料相談受付中
フランスオペア
ニュージーランドオペア
オーストラリアオペア
Currently Available Japanese Au Pair
Meta

Return to page top